VAPEを嗜み日々是好日

私、ベイパーのダヴが個人運営していますVAPEブログです。MOD、アトマイザーに於いてはマスプロからハイエンドまで、そして様々なリキッド、その他VAPE用品について記事を書いています。ようこそ楽しくて美味しいVAPEの世界へ。

ClassicLiquid Dr.ウルトラハードメンソール リキッドレビュー

かなりハードな…文字通りウルトラハードなメンソールです。

ClassicLiquid Dr.ウルトラハードメンソール


提供元:
KOBE LIZ
様(ありがとうございます)

商品説明より…

説明
期間限定オープニングセール価格
業界の常識をぶち破ります!
大容量の120ml 抜群のコストパフォーマンス!! 大人気の100mlにさらに20mlを増量した超お得リキッド!
国産最強メンソール誕生 !!
メンソール好きな方はそのままお使いいただくも良し 強すぎ!と感じられた場合は、他のリキッドとの割剤として 使っていただくも良し!
プルームテックの補充液として、本格的なVAPEリキッドとして お使いくださいませ。
【安心保障】万が一配送中に漏れ破損があった場合100%保証いたしますのでご安心ください。

詳細情報

特徴
セット内容:Dr.ウルトラハードメンソール120ml、シリンジボトル

•リキッド風味:メンソール フレーバー

【安心保障】万が一配送中に漏れ破損があった場合100%保証いたしますのでご安心ください。

■内容量:120ml 
■ボトルタイプ:プラスチック
■ニコチン0mg
■原材料原産地:プロピレングリコール(日本)植物性グリセリン(日本)香料(日本)
■製品原産国:日本
■保存場所:直射日光の当たらない場所で保管して下さい。

120ml大容量のボトルですね。


FOG1と比べてみるとこの大きさのボトルです。


洗面所などには置かないようにしましょう。


私なら寝ぼけて顔に塗りそうになるかもしれません。


ちなみに…こちら提供して頂いたサンプル品という事でキャップが実際のものとは異なるようです。


そして大容量ボトル故に使い勝手という点に配慮して詰め替え用のシリンジボトルが付属されるそうです。

シリンジボトル、という点がポイントですね。

このメンソール、色々な使い道を考える事ができると思います。

・何かのリキッドに混ぜる

・プルームテックのカートリッジに補充する、というのもアリかもしれません。

ということを踏まえた上でのシリンジボトルなんでしょうか。


では早速吸ってみます。

スコー。

プハー。

よくリキッドレビューブログなどで見かける吸ってる時の表現ですね。

私はこの表現は好きではないのであえて今までした事がなかったのですが…

心とは裏腹に一度書いてみたくなり…しかし文字で書くだけ書いてみるとやはり血が通わないですね、私にはこの表現は向いていないのがよくわかりました。

やっぱり私がやるとイマイチですね。


それはさておいて…


このDr.ウルトラハードメンソール

吸ってみたんですが結構強烈ですね。

強烈なメンソールを求めている方には良いと思います。



メンソールの強烈な刺激が吸った瞬間から口〜喉〜鼻…と駆け巡ります。


目が覚めます。


今までメンソールタバコを吸っていて禁煙をこれからはじめてみようかな…っていう方ももしかしたらこれはイケるかもしれません。


爽快感極まりないです。


そして吸った感の満足度も人によっては高く感じるかもしれません。


味に関してはメンソールのみです。


これ単体で吸い続けるには忍耐が必要になってくるかもしれません。


前述しましたが何か他のリキッドと混ぜるのが個人的には良さげですね。



もちろんメンソールが大好きでメンソールのみが心底大好きなんだよ、っていう方にはど真ん中ストライクでしょう。


そんなDr.ウルトラハードメンソール、アマゾンさんでオープニング価格で先行してお売りになるそうです。
↓↓↓
amazonオープニング価格1080円

メンソールが何より大好きな方へ

Anyway again!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

SXmini Mi Class Kit 400mAh Pod System Kit 買いました

お洒落なpodタイプ


100円ライターよりちょっと大きいかな?っていうくらいの大きさ


普段使うにはこのくらいの大きさはちょうど良いですね。


吸いたい時にサッと出してパッとスイッチ入れてふぅーって吸って。


そしてやっぱりお洒落。


例えば喫煙所など人前で吸っていてもスマート&スタイリッシュ。


お?あいつなんかクールなへんな機械吸ってんな…。なんだ?あれ、かっこいいな…。


と、思われることうけあいでしょう。


SXmini Mi Class Kit 400mAh Pod System Kit

SXmini Mi Class Kit is the first pod system device of SXmini, utilizing YiHi SX290 chipset, bringing powerful performance for your vaping. Constructed by Stainless steel, with a photochemical etching amazing appearance. Powered by 400mAh Built-in Battery, its working power range is from 7 to 13W. Moreover, Mi Class Kit comes with 1.5ml replacement pod cartridge, easy to refill. 4 colors are available.

SXmini Mi Class Kitは、YiHi SX290チップセットを利用したSXminiの最初のポッドシステムデバイスです。あなたのvapingに強力なパフォーマンスをもたらします。ステンレス製で、光化学エッチングによる素晴らしい外観。 400mAh内蔵バッテリーを搭載し、その動作電力範囲は7から13Wまでです。さらに、Mi Class Kitには、補充が簡単な1.5ml交換用ポッドカートリッジが付属しています。 4色ご用意しています。


vapesourcingという海外のショップで買いました。

多少安いのかな?

でもこのお店は個人的にちょっと相性良くないです。

なんか色々遅い。

多少高くても国内で買うか別なショップを色々比べて買った方がストレス溜まらなくていいかもしれません。


こんな箱に入っています。


1 x SXmini Mi Class
1 x USB Cable
1 x User Manual

•1×SXmini Miクラス
•1×USBケーブル
•1×ユーザーマニュアル


説明書となんかのカード、本体、USBケーブルなどが入っています。

ちなみに説明書、中国語ですので中国語をマスターしている方はなんの問題もないでしょう。


スペック

Size: 20.6mm * 85.5mm * 20.2mm
Material: Stainless Steel
Battery capacity: 400mAh Built-in Battery
Power range: 7~13W
Chipset: Intelligent YiHi SX290 Chip
Display: OLED Display Screen
Cartridge capacity: 1.5 ml
Maximum Voltage Output: 4V
Resistance: 1.0 ohm
Coil material: Ceramic
Drip Tip: MTL Delrin Drip Tip
Charging: MicroUSB Charging

•サイズ:20.6mm×85.5mm×20.2mm
•材質:ステンレス
•バッテリー容量:400mAh内蔵バッテリー
•電力範囲:7〜13W
チップセット:インテリジェントYiHi SX290チップ
•ディスプレイ:有機ELディスプレイ
•カートリッジ容量:1.5 ml
•最大電圧出力:4V
•抵抗:1.0オーム
•コイル材質:セラミック
•ドリップチップ:MTLデルリンドリップチップ
•充電:MicroUSB充電


各部詳細

では実際に各部を見ながら同時に使っていきたいと思います。

Features
1. Constructed by Stainless steel, Photochemical etching
2. Powered by YiHi SX290 chipset, 400mAh Built-in Battery
3. With LED display
4. One fire button design
5. 1.5 ml e-juice Cartridge capacity, easy to refill
6. Micro USB port for charging

特徴
1.ステンレス鋼製、光化学エッチング
2. YiHi SX290チップセット、400mAh内蔵バッテリーを搭載
3. LED表示を使って
4.ワンファイアボタンデザイン
5.補充すること容易な1.5 mlのeジュースのカートリッジ容量
6.充電用のマイクロUSBポート


•pod

Resistance: 1.0ohm Kanthal Coil
Capacity: 1.5ml

•抵抗:1.0Ωカンタルコイル
•容量:1.5ml

キャップも付いているのは使用していく上で衛生面を考えてもいいですね。

ドリップチップはトップキャップ一体型になっていてねじ込み式ですね。

外すと…こんな感じ。

コイルは1.0Ωですね。

prime coil for 3minutes before useと書いてあるシールをはがします。

穴がいくつか開いてますけどエアーホールのようです。

指で塞いで確認しました。

しかしこれ装着するとどこからこの穴にエアーが入り込むんですかね?

この辺私、よくわかりません…。


•本体

操作はこの四角いボタン1つだけで行います。

3回押しで電源ON(ロック解除)


5回押すと液晶の明るさ調整の画面へ

からの1回ずつ押すと段階的に調整できますね。




明るさ決めたら放置で元の画面に戻ります。


充電して使ってみます。


ドリップチップ一体型のトップキャップを外して上からリキッドチャージ。

しばらく置いて…

吸ってみました。

ボタンを押しながら吸います。

ドローは激重、ではないですが十分MTLの重さです。

味は…私感ではそこまで濃く出ないかな…

って感じです。

まあ、「入れるリキッド」によって用途は自ずと決まってくるでしょう。

抜群に味が出る、という感じは今のところしないので「通常吸いたいリキッド」をサッと出してパパッと吸うにはいいかもしれません。

が、バッテリー容量は流石に少ないのでサブとして持ち歩く、或いは人前でスマートに吸う時などはいいかもしれませんね。

お洒落でかっこいいので。

そうですね、喫煙所で見知らぬ人前でゴツいMOD出して吸うのは忍びない時などいいかもしれません。

こんなの1つ持ってるといいですね、うん、いいですね。

なにしろちっちゃくてお洒落。

あ、でもFOG1と大体同じくらいの大きさですね。
細身なので小さく見えるのかもしれません。

あ、あとこの右の数字、パフ回数みたいですね。


そして3回クリックでOFF(ロック)

See You!!!

【追記】

事後報告ですみませんが…

後にtwitterの方には暇つぶしにツイートしたんですがところどころ気になることがあったので追記しておきますね。

ここがいまいちだよSX MINI

・本体ここのOリングが簡単に外れて失くしやすい
・割と目一杯リキチャしておくと漏れやすいっぽい

なんかだめ。


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

E-Lab〜Perfection Menthol リキッドレビュー

今回はE-Lab〜Perfection Mentholを吸ってみました。


既にE-LabさんのPerfectionというリキッドが存在しています。
今回それにMentholを加えたバージョンになります。


ノーマルバージョンのレビューは以前書かせて頂きました。↓↓↓
E-Lab〜Perfection リキッドレビュー - VAPEを嗜み日々是好日


上品な…そして最高級のアールグレイを思わせる非常に香り豊かな紅茶リキッドでした。


Mentholを加えることによってどんな表情を見せてくれるのでしょうか。


早速吸ってみましょう。

E-Lab〜Perfection Menthol

提供元:E-Lab


【容量 】60ml
【成分】VG:PG 70:30 ※Nicotine 0mg
【製造】Made In Hakata

商品ページより…

Perfectionの味わいはそのままに、メンソールによる清涼感をプラスしました。
より爽快感を増したPerfectionをお楽しみください。


開封すると非常に品のある紅茶の香りが鼻腔を穏やかに彷徨います。

•RDA 1Ω近辺

柑橘系のテイストのそれはベルガモットの爽やかな香りとして口の中に広がっていきます。
この透明感のある香りがまさにこのベルガモットの特徴といってもいいのでしょうか。


と同時に薄っすらとそれはあたかもラムスデン現象のように…いわゆる表面に膜を張る湯葉のように微弱なメンソールの爽やかな優しい刺激がまとわりついてきます。


まるでアールグレイティーにミントの葉を一枚浮かべたかのようです。


おそらくこのフレーバーの味の効果は穏やかに、そしてマイナスイオン的な森林浴をしているかのような錯覚に陥るかもしれません。


純粋なvapeのリキッドも捨てたものではありません。


全て私感です。


あまり真にうけないようにしてください。


癒し効果は素晴らしいものがあります。


私感です。


真面目な感想を言わせていただきますとメンソールが主張しすぎていないのでアールグレイの香りを壊さずに爽やかなミントティーにも近いテイストだと思いました。


これは美味しいですね。


ほのかな柑橘系のテイストと共に爽やかな気分になります。


是非、午後のゆっくりしたひと時に吸っていただきたいリキッドです。


食事の後のまったりした時間にも合うことでしょう。



•RDA 0.5Ω近辺

メンソールの爽快感がやや強くなりました。


しかし基本、アールグレイのテイストはしっかりと楽しめます。


吸い込み、爽やかなメンソールの爽快感と共にフレーバー豊かなアールグレイの香りが口の中を支配します。


そして決して甘くはない奥深い茶葉の香りを鼻に残しながらミストが抜けていきます。


そうです。


このE-Labさんのリキッドの1つの特徴として「甘くない」というのがあげられると思います。


甘ったるさを求めるなら他のリキッドへどうぞ。

と言わんばかりの苦みばしった…というのは言い過ぎかもしれませんが非常に飽きのこないいつまでも吸っていられるリキッド…と思われます。


やはり美味しいですね。


1つのフレーバーをかなり追求しているのでしょうか。


奥深ささえ感じられます。


このリキッドは飽きないですね。


せわしない日常の中で…できればゆっくりとした時間を見つけて家でじっくり吸いたくなるリキッドです。(個人的に)


そんなリキッド、こちらで買えますよ。↓↓↓
Perfection Menthol 60ml | E-Lab STORE

See You!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

E-Lab hakata 〜 Exotica Menthol リキッドレビュー

(私にとって)衝撃的な美味しさでした記憶もまだ新しいE-Labさんのリキッド。↓↓↓

E-Lab〜Exotica リキッドレビュー - VAPEを嗜み日々是好日

衝撃的といっても別段目新しいフレーバーというわけではなく、ましてや奇をてらったような物珍しい味でもなく。


それはあくまでも正攻法でそのフレーバー由来の美味しさを最大限に、また極限にまで引き出した言うなれば王道を突き進むかのようなリキッドでした。


今では複雑系のリキッドも数多く存在し1つのジャンルとして確立された感がありますがそれとは逆にシンプルを極めるとこうなるのかな?と少々軽い衝撃を覚えた記憶があります。


さてそんなE-Labさんのリキッド。


今回、新たに2種類バリエーションが増えたそうで。


E-Labさんから直にレビュー依頼と共に新しいリキッドをご提供頂きました。


自分で言うのもおこがましいですが変態的なブログを書くのに定評のある私ダヴです。


そんな私にご提供くださるなんてよっぽど自信がおありなんでしょう。


心してレビューしていきたいと思います。
ありがとうございます。


E-Lab hakata 〜 Exotica Menthol

提供元:E-Lab


【容量 】60ml
【成分】VG:PG 70:30 ※Nicotine 0mg
【製造】Made In Hakata

商品ページより

独特のクレテックタバコの癖を残しつつ、メンソールをプラスしました。
清涼感がありながらも、どっしりとしたフルボディのタバコフレーバーに仕上がりました。


おや?


これは以前レビューさせて頂いたExoticaですよね?


と思いきやメンソールがプラスされているようです。

Exoticaはスパイシーなアクセントが強烈にしかしそれでいてごく自然体に主張してくるタバコにクローブを混ぜたいわゆるガラムタバコ味でした。


しかしながらあくまでもvapeのリキッド。


そこは本物のガラムタバコよりはかなり吸いやすく、タバコフレーバーがお好きな方には好評だったようです。


かくいう私もタバコフレーバーは大好きなので一口で美味しい!となりました。


そこへメンソールをプラスされているそうです。


さあ!どんなエキゾチックな風を感じさせてくれるのでしょうか!


早速吸ってみましょう!

•RDA 1Ω近辺

ミスト自体の香り

芳ばしさの混ざったある種独特なタバコ系の香りがたちます。

ガラム、といっても本物のガラムタバコのそれか?、と言われたらそこまで強烈ではありません。

芳ばしいイメージの方が強く感じます。


そして吸ってみますが

これは美味しい!

いや、嘘っぽくなるのであんまり大袈裟に言いたくないんですけど本当に美味しいです。

従来のExoticaの土台はしっかり残しつつその味の芯からメンソールがスーッと刺さってきます。

そのメンソールなのですが強すぎず、かといって弱すぎず…

まさに丁度良いバランスで喉に清涼感を与えてくれます。

軽く吸いたい場合はこの1Ω近辺で吸うと爽やかに吸えるかもしれません。

リキッド自体の匂いがかなりスパイシーな香りを醸し出していますのでアクが強いのかなと思いきや全くそんなことはありません。

タバコフレーバーがお好きな方はお気に召すかもしれませんね。



•0.5Ω近辺

ヘビーなガラムタバコフレーバーががっつり口の中に放り込まれてくるイメージです。

それはミストが鼻から抜ける時に更に感じます。

この辺りノーマルのExoticaと同様ですね。

しかしこれはメンソールがプラスされています。

やはりさほど強すぎない軽い刺激程度の清涼感を、口の中から喉にかけてスーッと感じます。

面白いことに1Ω近辺の抵抗値で吸った時とあまり清涼感の差は感じられません。

一定のスッキリした清涼感だと思います。

軽い刺激程度の清涼感なので飽きることもくどすぎるということもないでしょう。


やはりこれはあくまでもメインはクローブタバコ。

商品説明でおっしゃっているようにまさにドッシリと土台にクローブタバコがいてスッキリした清涼感を演出するためにメンソールが周りをスーッと漂っているイメージです。

美味しいですね。

私はこちらの抵抗値で吸う方が好みです。

甘さは…ほんの微量にあるのかもしれませんがほとんど感じられません。


まとめ


クローブタバコフレーバー独特の香り高い苦味が酸いも甘いも知った大人の味覚を刺激します。


これに尽きますね。


主役はあくまでもクローブタバコ。


そこにスーッとした清涼感の丁度良いバランスで加えたメンソールと絶妙にマッチしています。

これは美味しいですね、参りました。


そんなE-LabさんのExotica Menthol、こちらで買えますよ。↓↓↓
E-Lab STORE


博多織りのデザインのラベルも健在です。(良い柄ですよねー、これ。)

メンソールタバコ好きな方へ。

あ、ステッカーあるんですね!

お洒落です。


See You!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

もうタバコやめたんです

あ…こんなん出てきた…。



はて?


いつ買ったやつだっけ?


あ…。


そうか…。



妻「誕生日なに欲しい?」


ダ「え?はい?え?なんかくれんの?やったー!」


妻「なにがいい?そんな高いもの買ってやれないけど」


ダ「ん〜、やっぱ別にいらない」


妻「なに!?いつもなら諸手を挙げてあれもこれも言うくせに!どうした?!」


ダ「欲しいものあんまないし、ほんとに欲しいものバカ高いし。べつにいいや、美味しいもの食べられれば」


妻「あっそ…」



そしたら誕生日にこっそりこれ買ってくれてたんですね。



妻「はい、またひとつおっさんになったな、おめ」


ダ「…。なんと、これはMarvelousのオイルライターではないかね?いやー、ちょっとだけ欲しかった、ありがとう」


妻「あそこのタバコ屋でジッとショーケース見てたじゃん、こないだ」


ダ「ありがとう」



もう数年どころかもっと前の話だった記憶があります。



(その頃は)タバコ大好きでバカスカ吸ってたから嬉しかったんですね。



ジッポなんかも結構集めていたので。


今でいったらカッコいいMODを見つけては欲しくなる感覚とかなり似てますね。



ジッポも大好きだったんですけどMarvelousはメカニカルな造型と動きがたまらなく好きでデザイン含めてやたらと私の少年心をくすぐったわけです。



そんなに高いものではないんですけどね、まあ、リーズナブルなオイルライター。


でも値段じゃないんです。


ましてやそれを妻がプレゼントしてくれたことに意味があるわけで。


現在紙巻きたばこは全く吸っていないので無用の長物…といったら言い過ぎですが必要はないんです。


でもやっぱりこういうのって手放せないですね。



価値もへったくれもないものですけどね。


私にとって価値が大ありなものです


いい思い出の品です。


そんなノスタルジックな気分に浸りながらVAPEをふかしてこれから仕事です。



あ、どうせなら今度MOD買って頂きたい。


いや、高いからおねだりすんのやめとこ。



See You!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

HiLIQ FuNta Orange リキッドレビュー

ファンタじゃないですよ。


フンタですよ。


いや、ファンタって読めるね、これはこれで。


綴りが違うからセーフ。ってことなんでしょう。


どっちでもいいか…。


HiLIQ FuNta Orange

手元にあるのは…

•VG/PG=50/50

去年の暮れに買ったようなそんな気がします。

商品ページはこちら
HiLIQ FuNta Orange


提供品やら何やらで吸うの忘れてました。


早速吸ってみました。


これ、ファンタオレンジのあの味に割と近いかもしれません。


再現度という観点からしたら高いほうかもしれません。


美味しいですね。


あ、これ美味しい。


以前これのグレープをレビューさせて頂いたんですけどそっちよりこっちの方が個人的に好き。


味が薄くて物足りないなんてこともありません。


少しの清涼剤が炭酸感を表現しているんでしょうか。


個人的にはもっとシュワシュワしてたら最高ですね。


駄菓子屋さんに売ってるチープな炭酸オレンジジュース。



ですが、それが寧ろノスタルジーを感じて非常に良い。


好きです。


これにちょっとなんか混ぜてしばらく吸うことにします。


美味しい。


デリシャスファンタオレンジ。



ところで…話がガラッと変わりますが。


このファンタオレンジの存在を忘れつつHiLIQさんで別なリキッドを買ったんです。

そしたら何やらチケットらしきものが同封されていました。


VAPE EXPO JAPAN 2019の入場券でした。

なんの前触れもなく同封されていたのでよくわからなかったので…HiLIQの中の人、Yukiさんて方にちょっと聞いてみました。

ダヴ様:こんにちは。一枚のチケットで一人入場できます。5月までに買い物したら一回一枚入場券を入れることになります。都合がつけばぜひ来てくださいね。楽しみにしています。今後ともよろしくお願いいたします。😊😊

ですって。

一回買う毎に1枚入場券が同封されるようです。

何本買っても1枚。

回数を買えばその回数分だけ1枚…ってことなんですね。

こりゃ送料がバカにならないですね。

これ目当てだと…。

とはいえ、毎月買ってるから私的には問題ないんですけどね。


今注文すると必ず同封されるようです。

どうせならもう一枚欲しいな…。


来月また買っとこ。


あ、行けるか分かんないですけどね。


でもちょっと行きたい。

HiLIQさんのお買い物はこちら
HiLIQ - Vapeリキッド、ニコチンリキッド、ニコチン卸売り Vapeリキッド卸売り


See you!!!

hoito mod 〜HOITO RDA 【 1st 18 】Designde by Japan_Hoito 買ってみました

年季の入ったベイパーの皆さんでしょうからDARUMA DT(ドリップチップ)という名前は一度でも聞いたことがあると思います。


MADE IN JAPANの有名なドリチですね。


そのDARUMA DTの製作者様のHOITOさんて方が作られた今度はRDAですって。


hoito mod 〜HOITO RDA 【 1st 18 】Designde by Japan_Hoito


〜詳細〜
・材質:SUS316
・直径:18mm
・高さ:18mm(ドリップチップ・コンタクトを含まず)
・ボトムエアフロー
・BF対応
・シングルコイル専用

◆Made in China 〜 Designde by Japan_Hoito

設計はJapan、生産〜販売はChinaと聞いたような気がします。


そのおかげかコストは安くできてその分販売価格に反映されているようですね。


もっとも法律的な部分(薬事法)ていうのはよくわかりませんが安いに越したことはないですね。
物理的に不備な部分がなければ。


見ると結構しっかりした造りのようです。


まずは開封して中身を見てみましょう。



〜セット内容〜
・RDA本体(BFピン)
・ドリップチップ
・18-22スラント(ビューティー)リング
・コンタクト用ドリッパー(ノーマル)ピン
・交換用Oリング一式
・予備ネジ
・六角レンチ

私がまず注目したのは22㎜-18㎜のスラントリングが付属されている事です。

これは非常にサービス満点というか、痒いところに手が届くサービス精神だと思いました。


このアトマイザーは直径18㎜なんです。


一般的に…というか、現在主流は22㎜、24㎜のアトマがほとんど…と言っていいかもしれません。


とはいえ、16㎜、18㎜、はたまた19㎜のアトマでも評判の良いアトマイザーはいくつかありますけどね。


今回このアトマイザー、18㎜で出した意図はなんなんでしょうか。


自ずとフレーバー寄りを意識したアトマイザーなのかなって感じがしますが果たしてどうなんでしょうか。


話戻ってその直径18㎜というとどうしても組み合わせるmodに対してサイズ感的にスムーズな見映えを狙いにくくなってしまいます。


もちろんスラントリングはなくてもいいんですけどあれば色々な組み合わせの幅が広がりますね。


そこへきて私といえば周知の通りスラントリングマニアです。


スラントリングにはちょっとだけうるさいです。


スラントリングも単体で買うとなると結構いいお値段するんですよね。


ですので願ったり叶ったりの付属品でその点は非常に嬉しいところです。


そしてこのOリング

これは後ほど説明しますがデッキ用の予備のOリングです…なんですけどどうやら微妙にサイズ?硬さ?柔らかさ?が違うようですね。


hoitoさんがtwitterで呟いているのを拝見したような気がします。


これはおそらくキャップのはめ具合も好みで調整できる…という事を言っていたと思うんですが…。


こちらのOリングを好みで変えるのも良い、というような感じでオススメしていたような気がするのでそれも後ほど検証してみたいと思います。


そしてこれはドリップチップのOリングですね。


さらにこちら…これはポジピンの出代を調整するためのOリングかと思います。

これはおそらくメカニカルやハイブリッドなどを使用する場合に十分な出代を確保するためのものだと思われます。(スラントリングを使用した場合バッテリー側にアクセスしにくくなる(届かなくなる)可能性があるため)

とはいえスラントリングを使用しても大抵アクセスできてしまいますが念には念を入れてという事でしょうか。


それとこのアトマイザーの特性上、BFで運用される方も多いかと思います。


カニカルスコンカーなどで安全基板などが入っていないものはハイブリッド…とまではいかないまでも似たような理屈なので十分なポジピンの出代や…あるいはボトルとの干渉具合の調整や確認をしなければいけません。


はたまたBFを使用しなくてもメカニカルのmodを使うときはもちろんポジピンの出代は確保しなければいけません。


備えあれば憂いなし、って感じですかね。


この辺り非常に細かい配慮がされているんだなって思いました。


では次にデッキを見ていきましょう。

デッキ構造

コイルを固定させるネジが3箇所ありますね。


実際には隣り合わせのうちのどちらかとエアホール挟んでもう一つのネジで固定させるんだと思います。


デッキ内は決して広くはありませんがビルドは簡単そうですね。


このデッキを見て私が真っ先に目がいったのはエアーフローの経路。


これは非常によく考えられた…というか試行錯誤されたんじゃないかなって思いました。


こんな感じ。

横から入って下から出てくるボトムエアフロー形式を採用されていますね。


そしてその構造なんですけどエアホールからの経路を宙に浮かせることによってデッキ底面のスペースを確保されていますね。


漏れに関してもエアーホールからのリキッド漏れは皆無でしょう。


これならば18㎜といえどある程度の容量は稼げるんじゃないでしょうか。


そしてBFピンからのリキッド供給出口周りに障害物がない事でコットンへの供給もスムーズにいくと思われます。


ちなみにジュースウェルの深さは…
実測で約5〜7㎜ありました。


さらには底面にコットンの末端を落とし込む窪みがあるので十分といえるでしょうか。


デッキ裏面


ポジピンの出代


次にキャップを見てみましょう。

キャップ

約1㎜×2㎜のホールが1つだけあります。

ちょっと前後してしまいますがデッキにも当然1つだけですね。


キャップ裏側

段差をつけて上部が狭くなっています。

天井のふちはカーブをつけたドーム状になっています。


デッキにはめると中の空間はこんな感じ。


ドリップチップは全長が短いですが元々キャップに突起があるので装着すると短さによる違和感は感じられません。

ドリップチップ自体の作りも流石ドリチ製作者さんとあってかっちりきっちりとしたつくりですね。

ドリチ内径は4㎜ストレートですね。
入り口出口に綺麗にテーパーもかけられています。

これだけでも売れるんじゃないですかね?


ではビルドをしてみましょう。

ビルド

ショップページにオススメビルドが書かれていました。

●オススメビルド
カンタルA1単線・28G~26G
コア内径・2.0mm~2.5mm
抵抗値・0.7Ω~1.3Ω
出力・10W~18W

オススメ上限の抵抗値でやってみます。

ドリッパーピンに付け替えます。
ついでに付属Oリングを取り付けてどのくらい出っ張るかみてみましょう。

まずは左側の細いOリングを取り付けると…

右側の太いOリング

どっちもハイブリッドいけそうですけど太い方なら万全でしょう。

ドリッパーピンにはめてみましたけどBFピンの場合でも同様の出代になるのとリキッドの漏れにも対応できるんじゃないかなって思います。


では早速吸ってみます。

ドリチが自分的には短いのか…トップキャップ突起まで咥える形になるのかわかりませんがちょっと唇熱いですね。

味はかなりダイレクトにきます。

…が、うーんちょっとまだ定まってない感じですね。色々と。

長めのドリチにしてみます。

味はこっちの方がよく感じますね。

さらに長めを使ってみましょう。

ウルテムというのと長さもあるので唇は熱くなりません。

内径3㎜もいい感じにミストとスウィングしてます。

マッチしてますね、味は。

これも試してみました。

味、見た目はこれが一番いいですね、個人的に。

ただ…とても美味しいか?と言われたらまだまだビルドを詰める余地はありそうです。

その辺りは試行錯誤が必要かもしれません。


前述しましたデッキのOリングなんですけど赤い方に付け替えて使用してみました。


キャップの取り外し取り付けはスルッとスムーズになりますね。


ただ、リキッドで馴染んできてOリング周りが滲んで濡れてくるとスポスポ外れやすくなるかもしれません。


わかりませんけど…。


キャップの取り付け取り外しの際には私は感触的にはこちらの方が好きですね。


私は直径18㎜のアトマには遊び心も兼ね備えていると考えています。


まあ、18㎜だけじゃなくてもどんなサイズでもそうなんですけど。


それは何かといいますと見た目ですね。


ドリチを色々付け替えてみたり…まあ、ドリチは味にも関わってきますけどね。


そして今回このHOITO RDAに関してはスラントリングでしょう。


純正の付属のリングもよろしいんですけど私の手持ちの中でこんなリングをつけて遊んでみました。

berserker rdaに付属されていたリングですね。

デザインは文句なしにカッコいいです、ただ…。

エアーホールが完全に隠れてしまいます。

ですので激重ドローのMTL全閉主義者のベイパーさんにオススメです。


そしてこれ、このリング単体で最近買ったんですけどメーカー忘れちゃいました。

カッチリしたイメージでチューブmodも引き締まって見えます。

クールなビジネスマンが持ってそうです。


でもやっぱり純正のリングもカッコいいですね。


24-18っていうのも見た目的にはありですね。
カッコいい…。

カッコいいですけどコードエラーで全閉同様激重ドローで吸うのはちょっとキツいですね。却下。


やっぱりこれが可愛らしくていいですね。


ところでこのHOITO RDAなんですが将来的に22㎜のものもリリースされる予定だそうで…。

そっちも非常に気になりますね。

やはり22㎜っていうのは需要がありそうですもんね。

まあ、ある意味18㎜はこれはこれで尖っている面もおそらくあって面白いんですがしばらく美味しいビルドを探さないといけないかもしれません。

そういった意味では飽きないですけどね。

HOITOさんの次のリリースはなんでしょうかね?

あ、そういえばDARUMA DT…うちの奥さんに取られちゃったんですよ、お気に入りみたいでQ14につけて使っています。


なので新しいDARUMAも欲しいところですが22㎜のRDAは気になるところですね。

その前にmodも出すような事をtwitterでお見かけしましたね。

面白い事やってらっしゃいます。

そんなhoito mod のショッピングページはこちら。
HOITO MOD PRODUCT's STORE

あ、長くなったのでそろそろ失礼します。

See You!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村