VAPEを嗜み日々是好日

vapeに関する記事、レビューブログ

EGO AiO ECO もらいました

twitterでVAPE用アカウントを作って色々情報を集めたり、同じ趣味の方達と時々お話しをしているとお得な情報も目に入ってくるようになります。

逆にそうでない場合も少なからずありますね。

自分が望んでいない不愉快な呟きなどを目にしたり…

そういう時は迷わず大人の対処をしましょう。

その為にブロックやミュートなどの機能がありますから。

まあ、twitterに限らず得てしてSNSではそういうのは必ずあるもんです。

逆にそれすら楽しめたらそれはそれでいいのかな…って思うそろそろ秋らしくなってきましたこの頃です。


話変わりましてそのtwitterで、とあるキャンペーンに応募したら当たってしまいました。

ヴェポナビさんというお店です。→ヴェポライザー専門のショッピングサイト【VAPONAVI/ヴェポナビ】

いや、ほんとは別のやつが欲しかったんですけどね…当たっただけ喜ばなければいけませんね。

ありがとうございます!

それでですね、せっかくなんでこの当たった個体…EGO AiO ECOのレビューをやろうと思ったんですけどあまり詳しくやる必要もなさそうですね。

検索すると…すでにこのレビューをされている方が沢山いらっしゃいますし何より…このヴェポナビさんのネットショップをチラッとみましたらこれ、ないんですよ…。

まあ、とりあえず使ってみた感想だけ…。


コイルは0.5Ωのものがすでにセットされていました。

スペアにも同様のコイルが付属されています。

調べてみましたらどうやらこれは0.5Ω一択のようです。

バラしてみるとこんな感じです。

•セットの手順…

コイルをつけます。ねじ込み式ですね。

グラスタンクを付けます。これは差し込むだけです。

リキッドをチャージします。真ん中のコイルに入れちゃだめですよ?
周りのグラスタンクに入れます。

そしてドリップチップと一体型になっているトップキャップを付けます。これはねじ込みます。

コイルにリキッドが浸透するまで少し待ちましょう。

コイルを取り付ける前に直接コイルにある程度リキッドを染み込ませるやり方もあるんですけど今回やり忘れました。

この手のプリセットされているコイルは同じやり方ですね。

あ、ちなみにこちらUSBで充電します。

さて、待っている間に少し考えてみました。

この手のスターターキットはどんな方に需要があるんでしょうか?

電子タバコ、VAPEを始めて使ってみようと思う方…

一軍レギュラーのMODとは別にちょい吸いたい時のサブ機に…

そんな感じですかね。


おっと、そうこうしているうちにそろそろコイルにもリキッドが染み込んだようです。


5クリックでON

再び5クリックでOFFですね。

あ、歴代のAiOのようにアトマ越しに光が見えるんですね、綺麗です。

吸ってみます。

…味はそこそこ出ているように思います。

でもやっぱりFOG1には敵わないですね。

それよりもこれ、スピッドバックというか吸うと結構リキッド自体が上がってきますね。

これはちょっと頂けません。

唇にいつのまにかリキッドがくっ付いています。

ドリップチップ内径は実測で3㎜でした。
出口付近で外側に向けてテーパーがかかっています。

そして、ドローはMTL寄りに作られているようです。

エアホールは1.5×2.5㎜のものが対角に二ヶ所あります。

調整はできないようですね。

重すぎず軽すぎずって感じですかね。

こんな表が付属されていました。

このコイルのVGに対しての性能表みたいなもんでしょうか。

最近使ってないんですけど…手持ちの似たようなスターターと大きさを比べてみます。

FOG1に比べるとだいぶ細いですね。

持った感じもかなりコンパクトに思います。

さて、困りました。

どうやってまとめましょう。

…もし、私がこの手のスターターキットをどなたかにお勧めするならやはりFOG1をお勧めしますね。

なぜならこれらに求めているものは「味」の出方だと思うからです。

爆煙を求めるならそもそもスターターキットにそこを求めないでしょう。

そういったことを考えると純粋にVAPEのリキッドの味を楽しむにはちょっと物足りないかなって思います。

しかしながら、例えばニコリキ添加もしくはニコチン入りのリキッド前提ならまた話は変わってくるでしょう。

一応書いておきますがニコリキ、ニコチンの使用の是非については別なお話なのでここではさらっと読み流していただけたらと思います。


話戻って、このEGO AiO ECO。

ECOというネーミングがついているようにだいぶ出力は抑えられてバッテリー持ちに重点を置いているようですが…それでも人によっては1日持たないでしょう。

ですのでやはりこういったスターターキットを複数持ち歩いて使用するか、VAPEのmodをメインにこれをサブ機として使用するか…みたいな使い方になると思います。

もちろんこれらをメインに吸いたいリキッドを楽しむのも全然アリですよね。

美味しいリキッドが吸えればそれでいいなら全然ありだと思います…

が、美味しさ求めるならスターターならやっぱりFOG1かなあって気がします。

あとはリキッドですね。

味はそこそこ出ているのでもしかしたら相性の良いリキッドがあるかもしれません。

コンパクトなのは非常にいいですよね。

これは唯一良い点だと思います。

そんな感じですね。


あ、話冒頭に戻りますけど…これをくださったヴェポナビさんってお店。

ヴェポライザーの取り扱いが充実しているようです。

そっちの方が興味ありますね。

え?VAPE?VAPEはやらないのか?

やりますよ。

VAPEもヴェポライザーも同じように楽しめたらいいじゃないですか。

いずれにしても趣味嗜好だと思っています。

楽しくやりましょう。

ヴェポナビさんのお店です。
www.vaponavi.co.jp

See You!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

GAS MODS NIXION S RDA 買いました。

GAS MODSといえばG.R.1やNIXION RDTA等…いずれもそれなりに評価の高いアトマイザーを輩出しているイメージです。

数あるマスプロ品の中でも個人的には好印象のイメージが強いメーカーですね。

私は使ったことないのですがそのNIXION RDTAのRDAバージョン(と言っていいのかな)がリリースされたんですね。

GAS MODS NIXION S RDA

スペック


•直径:22mm

•ステンレス鋼構造ゴールドメッキ510コネクション

•シングルコイル構造デッキ

•3mm x 4mmボトム気流

•デッキの材料(正、負):SS304

•ドリップチップの材料:キャップのPOMMaterial:PC / PMMA / ULTEMInsulation :ピーク

メーカー商品説明より…

GAS MODS NIXON S RDAは、GAS Modsの最新の再構築可能な噴霧器です。これは、直径22mmの単一コイル建造デッキと、3mm×4mmの底部空気流を備えています。

外観はG.R.1の背を高くしたように見えます。

そしてボトムエアフローなんですね。

個人的にはボトムエアフローは簡単に味が出やすいイメージを持っているので(ただのイメージです)好きなんです。

楽しみです。

パッケージ内容

•ノーマルポジピン

•予備Oリング

•予備イモネジ

•六角Lレンチ2種類

•ステッカー


各パーツを見ていきます

•キャップ

エアホールは対角に二ヶ所あります。

キャップ裏…

サイドはごく浅い段差がついて天井はミスト出口を中心に凹凸が形成されています。

ドリップチップはG.R.1と同じ形のもののようです。

•デッキ

私の物はブラックカラーのデッキになります。

エアーの入り口は対角のココとココ。

エアーの経路は…

ボトムエアフローですね。

ジュースウェルは実寸7㎜ありました。

BFで使用する場合この穴からリキッドが供給されます。

反対側にも同様に穴があり二ヶ所から供給される形になりますね。

ポストに刻まれたGAS MODSのロゴがニクい演出をしています。
オシャレですね。

•デッキ裏です

ビルド

•コイルセット

コイル高さはコイルガイドのくぼみより若干高めに合わせてみます。

コイル足はイモネジで挟み込んで締め付けます。


•ウィッキング

LETS GO!

ミストは素直に立ち上がる印象です。

エアホール全開で吸ってみると…

ドローは当然ですけどスカスカですね。

肝心の味なんですけどなんていうんでしょうか、味がすぐ伝わってくれない…というか、薄く感じます。

エアーホール絞ってみます。

ドローは割と重くなりますけど唇熱くなりますね。

ドリップチップは長めのものに変えたいところです。

味の方はやはりはっきりしませんね。

鈍い感じでやはり少し薄いかなって感じです。


コイルの位置を高めにしてみます。

あ、、ムホッ…アホッ!ゲホッ!

濃いですね。

リキッドはMikasaの不知火(改の改)
なんですけど元々このリキッドが濃いせいもあるんですけど明らかに高めにした方が濃く出ました。ポストよりコイルの頭が出るくらいですかね。

エアホール全開でもそれなりに濃く出ます。

ただリキッドの種類にもよるかもしれません。

試しに、とあるアップルタバコのリキッドで吸ってみましたら同じ設定でも味の伝わり方の反応が鈍かったです。そして薄かったです。

見た目は…

黒いMODに合わせるとかっこいいですね。

これも普段使いに使っていきたくなりますね。

味が出れば…ですけど。

こちらで買いました。
世界のパイプ&電子タバコ・VAPEの専門店-Everzon 、電子タバコ通販

現在品切れのようです。

リーズナブルなのでしばらく待っていれば在庫復活しそうですけどね。

See You!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

HiLIQ 送料キャンペーンですって

HiLIQさん送料キャンペーンですって


HiLIQのtinaさんとkittyさんからメッセージをお預かりいたしました。

(お、なんだ?今度一緒に飲もうとか?そういう感じ?いや、私は妻がいるからそういうのはちょっと…え?違う?え?送料キャンペーンやるから宣伝してくれって?ああ…デートのお誘いじゃないんだね…)




tinaさんより…

時間:
9月11日午後2時~9月14日午後2時まで(日本時間)
内容:
DHLFedex
現行$17.0/first0.5kg+$4.81/add0.5kg$13.6/first0.5kg+$3.5/add0.5kg
キャンペーン中$9.9/first0.5kg+$3.5/add0.5kg $9.9/first0.5kg+$3.5/add0.5kg


一部重複しますがkittyさんより…

HILIQの送料値下げキャンペーン!

お客様各位、
突然のメール失礼致しますm(._.)m。
HILIQの送料値下げキャンペーンのお知らせです。

いつもHILIQをご利用いただきまして、親切に助けて応援してくれて、本当に心から感謝しております。
先日、dhl,fedexの二社と新しい契約を結びまして、送料を更に安くしてもらうことになりました。
日頃のご愛顧に感謝し、今週の火曜日~金曜日まで、弊社が送料を一部負担して、改定後よりもっと安い送料キャンペーンを行います。

時間:
9月11日午後2時~9月14日午後2時まで(日本時間)
内容:
DHLFedex
現行$17.0/first0.5kg+$4.81/add0.5kg$13.6/first0.5kg+$3.5/add0.5kg
キャンペーン中$9.9/first0.5kg+$3.5/add0.5kg $9.9/first0.5kg+$3.5/add0.5kg

つまり0.5kg以内の場合、9.9$になり、0.5kgを超える場合、0.5kg増えるごとに、3.5$高くなります。
いつも通りに注文して頂ければ良いです。
ご住所がDHL、fedexのいずれかの遠隔地と判定される場合、該当する輸送会社の選択肢は出ません。
両方ともに遠隔地と判断される場合、日本専門便のみ出ます。

キャンペーン終了後、改定後の送料を公表の上適用いたします。
今後ともよりよいサービス、コスパの高い商品を提供するよう努めていきます。
どうぞよろしくお願いします!

こちらから買えますよ。
www.hiliq.com

See You!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

Mikasaリキッド 不知火(改2) レビュー

Mikasaリキッド 不知火…何回目のマイナーチェンジでしょうか…。

私の過去記事を辿ると…

dab-vape.hatenablog.com

dab-vape.hatenablog.com

2回目のマイナーチェンジですね…。

ということは…

不知火→不知火(改)→不知火(改2)

ということになりますね…。

ですのでわかりやすくするため勝手に不知火(改2)と書かせていただきますね。


すみません、おもわずにやけてしまいました。

いや、不知火は私の大好きなリキッドのうちの一つなんです。

その不知火が改良を重ねて今回は(改の改)…。

最初の不知火で十分美味しいんですけどね…。

どうやらお客様のご意見、ご要望を取り入れられていらっしゃるようです。

「もっとシナモン強くしてくれ…」

「もっとピリッとしたやつを…」

って感じなんですかね?


マイナーチェンジしたとなったら不知火好きな私としましては買わずにはいられません。

こうなったら変わる度についていきますよ…。


ご近所さんなので早速Dish'er's ディッシャーズネットショップさん
に直接伺って買ってきました。


オーナーの生武さん(チェリーキャサリンさん)とお話をして…


「今回の不知火は前の不知火よりシナモンきついよ…」


とのこと。

いやいやいや…(笑)

不知火(改)はシナモン結っっ構きつかったですよ?

あれよりもシナモン強いの?

それはちょっと楽しみですね。


Mikasaリキッド 不知火(改2)

•30ml
•2000円
•MADE IN USA

商品ページより…

シナモンの粉を除去しました!微量なココナッツ入りの甘いシナモン。
ケーキ、ドーナツ、タバコ系リキッドとのブレンドにも!

まず特筆すべき点は価格が安くなっていますね。

今までは3000円だったんですがMIKASAリキッド全種類、2000円に値下げされたようです。


Mikasaリキッドは美味しいのが多いんですけどちょっとお高いイメージがあったのでこれは嬉しいですね。


そしてなんと、今回はココナッツを入れてるんですね。

お店でチェリーさんとお話した時に今回はココナッツを入れてるよ…って隠し味的なお話をされていましたが…しっかり商品ページに書いてありましたね(笑)

そして…リキッドの色が変わっています。

今までの不知火は褐色でボトルの底にシナモンの粉が沈殿していてそれを振ってからチャージしていたんですけど…。

今回の不知火は無色透明です。


試しに過去の不知火と比べてみます。

大事に吸っていた不知火を引っ張り出します。


左から、不知火→不知火(改)→不知火(改2)です。

見た目は全くの別物ですね。


チェリーさんにお聞きしましたら今回はシナモンを精製したそうです。

今まではオーガニックのシナモンの粉がそのまま入っていたんですが今回は精製していると…。

詳しくはお聞きしなかったんですがおそらく濾過的な製造法をされているんだと推測します。

しかし色まで変わるかな…。

この辺りが興味深いところですが…。

さてどんな味なんでしょう。

早速吸ってみましょう!

RDA 1.09Ω

これはかなりシナモン強いですね。

喉が痛くなります。

出力を上げていくとちょっと喉と舌がビリビリ痛くなってきます。

かなり強いシナモンです。

アメリカのシナモンのお菓子…なんて言いましたっけ?

チェリーさんも仰ってたんですけどまさにあれ。

シナモンの粉がこれでもかっていうくらいふりかかっているやつ。

シナモンドーナツとかそんなレベルじゃありません。

痛い…

喉が痛くなります。

でも美味しい…。

あ、辛い。

でも美味しい。出力を上げていくとシナモンの攻撃性が増していきます。

シナモンが苦手な方は間違いなくやめた方がいいですね。


シナモン大好きでシナモンに埋もれたい方はお勧めします。

ちなみにココナッツ…ちょっとわかりずらかったです。

出力低めにすると後味でなんとなくほのかに鼻に抜けていく程度な感じですね。

でもとにかくシナモンが強力すぎて他のテイストがイマイチわかりづらいです。

これはシナモン大好きな私でも怯んでしまいますね。

かなり強烈なシナモンです。

過去不知火二作はドーナツ的な小麦粉感と甘さもしっかりあって甘いシナモンドーナツって感じだったんですが…

今回はとにかくシナモン…

シナモンの辛さが際立ちますね。


そして…どちらかというとニッキ

生八つ橋とかのアレです。

あれを超強力にして甘くしていない感じですね。

ニッキの香りに近いですね。

とにかく辛いです。

喉と舌が痛い…。

RDA 0.67Ω

やはりニッキに近い気がします。

相変わらず、喉と舌にビリビリきますね。

痛いですね。

ただ…個人的にはこちらの抵抗値で吸った方が好みな味になりますね。


メンソールやミント、もしくは清涼剤的なスースーした感じあるじゃないですか?

結構強めだとヒリヒリくるやつ。

それらと比べ物にならないくらいかなり強烈ですね。

スースー、ヒリヒリとかじゃないです。

ビリビリ、ピリピリ痛いです。

でも美味しいです。

こちらの抵抗値の方が甘さも伝わってきて吸いやすいですね。

あ、でも…むせます…。

DLで吸うにはかなり勇気が要りますよ…?

吐き出しでほのかにココナッツのテイストが感じられますけどこれも本当に僅かですね。

甘くはないですね。

でも美味しいです。


まとめ


過去二作の不知火に比べたらドーナツ感、甘さは抑えられて辛さがとにかく強烈に主張してきます。

もっと言えば…

「暴力的な辛さのシナモン」

これにつきますね。

おそらくどのシナモンテイストのリキッドより辛い気がしますね。

とにかく強烈なニッキ、シナモン。

冒頭マイナーチェンジと言いましたが、リキッドの色といい味といい…フルモデルチェンジに近いですね(笑)

あとは…色が変わりましたけど…味も強烈なシナモンがドンっと真ん中にいて、もはやそれのみの味に感じられます。

完全にドーナツ感や甘さは脇役にまわっていますね。

シナモンが主役。

そして今までオーガニックのシナモンの粉が入っていたのを除去することによってガンクがつきにくくなったのかなって思います。

それによってシナモンが弱まるかと思いきや逆に強烈な主張をしています。


これ、私は大好きですけど果たしてこの強烈なシナモンを求める人がいるのか…とても興味深いですね。


この暴力的な最強シナモンの不知火…あなたは吸えますか?

辛さ…★★★★★5辛


こちらで買えますよ。
day-s.main.jp

See You!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

health cabinさんの香料でリキッド自作してみました(その2)

8日ほど前にこんな記事を書きました。

dab-vape.hatenablog.com

そろそろスティープもいいかなというところで実際に各香料で作ったリキッドを一つずつ吸っていきたいと思います。


スティープといっても超音波で一度馴染ませて日数を置いただけなんですけどね。


さて、ではスティープとは?


vapeを始められてしばらくすると必ずお聞きになる言葉の一つだと思います。


vapeにおけるそのスティープという言葉には明確な定義、及び方法というものはあるんでしょうか?


これはあくまでも私の見解なんですが、いわゆるスティープ=「寝かせる」「熟成させる」事によって各香料同士の味をなじませる、まろやかにさせる、トゲをなくすなどの意味合いがあると思います。


「混ざる」というのはその前段階で例えば容器を振ったり、ビーカーに入れた液をガラス棒などで撹拌させる、もしくはお小遣いに余裕があればスターラーという楽に混ぜることができる機器がありますがそういったもので各香料同士をまさに混ぜ合わせるという意味合いだと思います。


ただ、必ずしも「スティープ」と「混ぜる」というそれぞれの作業は効果として別問題かと言われたらそうとも言い切れないところが難しいところですね。


一般的に…かどうかは分かりませんが費用のかからない簡単なスティープの方法は出来上がったリキッドを密栓して2、3日置いておいて一度開封してボトル(もしくは瓶)を振ってしばらく置いて(このしばらく置く時間も明確に何分が良いとは決まっているわけではないと思うので曖昧な言い方をします)ボトルの中の空間にある空気を入れ替えてまた何日か放置。の繰り返し…というのが費用がかからなくていいのかなって思います。


空気に触れる事によってリキッドが少なからず反応する事によって味をなじませる事を効果的に利用しているんだと思います。


と、同時に自然的に各香料同士も混ざり合っていくのかなって感じがします。


あくまでも個人的な見解です。


例えば市販のリキッドでも開封後ある程度日数が経っているものは味の変化を感じる、という経験をお持ちの方も少なくないでしょう。


それを作製直後のごく初期段階で行うという事なんですね。


そんなことを考えていましたら…


大きいリキッドメーカーさんはそれ専門の規模の機器環境、衛生環境も万全に整えて生産されていると思われます。


でなければあれほど安定した味のリキッドを市販されるというのは難しいでしょう。


いや、当たり前なんでしょうけどね。


最近では個人で作製して販売されている方もよく見受けられます。


実際今回自分で作ったものについてたった一つの香料を混ぜるだけでもかなりの神経を使って作業をしました。


それを毎回安定した味で、衛生面なども含めて完璧な状態でお売りになられているんですよね、勿論。


正直に言いますとそういった個人の方がお造りになって販売されているリキッドで本当に心の底から美味しいと思えたのは1人…2人…うーん…数えるほどです、今のところは。


お造りになられる方のレシピのセンスも当然ながら重要と考えますが衛生面含めてその味を安定させて皆さんに供給する生産量、その結果の信頼性などなど…それらを考えたらどれほど美味しいリキッドを作るのは難しいのか…って思うんですが、今回私がリキッドDIYをやるのはあくまで個人が楽しむものでそれで美味しくてリーズナブルだったら楽しいじゃん…くらいの感覚でやってみましたのでそれを踏まえた上でみていただけたらと思います。


そんなことを思いながら超音波にかけてその後スティープさせてみました。

いい感じで混ざってくれていることを願います。

まあ、一種類の香料しか入れてないので混ざるもなにも(香料+PG+VG)だけなんですけどね。

では、早速いきましょう。


フレーバーは下記の8種類です。
順番に吸っていきます。

•Flavor…
・Cranberry
・Blackbelly
・Rich Vanilla
・Fresh Coconat
・Butter
・Cereal
・Pineapple
・Rich Premium Sweetner

•VG/PG:50/50…フレーバー濃度10%

使用環境…istick pico+ bell RDA
抵抗値…1.09Ω

Cranberry

あ、美味し…いや、、うーん…。

不味くはないですけど特別美味しくもないですね。

クランベリー単体の味です、当たり前ですけど。

単体なので物足りなさは否めません。

ただしこのクランベリーの味自体はしっかり酸味と果実の濃厚さも感じられましたが…どこかケミカルっぽい雰囲気を感じました。

吸った瞬間…クッキーみたいな味の香料と少しバニラ的な要素を混ぜると美味しいんじゃないかなって思いました。

結構クランベリーです。


Blackbelly

クランベリーとの味の違いが分かりません。

若干ブラックベリーの方が奥行きがある感じがします。

奥行きといっても多分伝わらないでしょうけど味に深みがある気がしました。

ただ…こちらの方がケミカル的な雰囲気は全くありませんでした。

複数混ぜるならこちらを使いたい気がしました。


Rich Vanilla

濃厚な牛乳チックなバニラに感じます。

とはいえ後味はなぜかあっさりしています。

やっぱ薄いのかな…よくわかりませんがこれをベースにして甘ったるい何かを作りたくなりますね。

なるほど、やはり酸味のあるフルーツ系、クッキーテイストのある香料と混ぜても美味しそうですね。

コーヒー、タバコ、ナッツ系とも相性良さげですね。

バニラは万能なんですかね。

結構自分の好みの味にはバニラが入っているのも少なくないようなのでやはりこれは複数混ぜるのに使いたくなります。


Fresh Coconat

美味しいコパトーンの味がします。

いや、、コパトーンは日焼けオイルですけど…

あー、なるほどって感じです。

バニラとココナッツは相性良さげですね。そこに何かフルーツを入れたらいいのかな…

あ、それともココナッツが割とミルク的な要素もあるのでバニラ入れるとくどくなりますかね…

なるほど面白いですね、リキッドDIYって。

こうやって色んな事を考えるのって楽しいですね。

ココナッツミルク的な味でした。


Butter

まったりバター味ですね。

バニラともまた違うんでしょうけど似てますね。

クリーミーな感じを出すときにこっちを使うのもありなんでしょうね。

わかりませんが…何事も実際に混ぜて実験するのがいいですね。

あまり味の説明になってなくてすみませんが色々混ぜる事を考えてしまいますね、楽しいです。

芳ばしい小麦粉系と相性良さそうですね。

もっと奇抜な使い方があるんでしょうけどやはり色々混ぜてみないとわかんないですね、こういうのって。


Cereal

これは美味しいですね。

穀物感と…ちょっとバニラっぽくも感じますがなぜでしょうか。

これはナッツとタバコ、それにバナナとか混ぜたら美味しそうです。

イメージが広がって楽しいです。

これは割と濃厚でデザート系を作るときに無性に入れたくなります。


Pineapple

まさにパイン飴ですね。

んー、でもちょっとケミカル的な雰囲気がします。

一瞬濃厚でフルーティーに感じたんですけど後味がケミカル的なあじになりました。

ちょっとパイン自体は好きなんですけど…

もっとスティープさせた方がいいんですかね。


Rich Premium Sweetner

これ、甘味料ですかね。

甘いしかありません。

甘さを引き立たせたいときに使うんでしょうか。

普通に甘いです。

あっさりした甘さに思います。



さて、ではここで今までのをいくつか混ぜたものを予め作っておいたのでそれを吸ってみたいと思います。

まあ、よくある組み合わせでしょうが記念すべき私ダヴのオリジナルリキッドDIY1号です。

複数混ぜてみました。

・Blackbelly
・Rich Vanilla
・Fresh Coconat
・Cereal
・Rich Premium Sweetner

↑このいかにもなんでも混ぜたがりな感じです。

割合は伏せておきます。

こんなもんです。

なんでも混ぜてみたくなるんです。

では吸ってみます。

あれ?美味しいですね。

あ、でも…もう少し芳ばしさが欲しかったですね…。

Cerealの割合をもう少し増やせばよかったのかな…。

でも自分で言うのもアレなんですけど結構美味しくできるもんですね。

バニラが薄くブラックベリーを包む感じで割と濃いめにココナッツの風味が鼻から抜けていきます。

ブラックベリーの酸味がポイントですね。

甘いですが後味にいつまでも残るような甘ったるさはありません。

結構美味しく出来ちゃいました。

ああ、これにRY4を混ぜたらどうなるんでしょうか。

なんとなく美味しそうにも思えなくもないです。


あ、そういえばhealth cabinさんの香料でRY4復活したそうですね。

この手のDIYをやってらっしゃる方にはご好評だと聞きます。


たまにはこんな遊びでリキッド作ってみるのも楽しいですね。


料理作ってるみたいでハマりそうです。

そんなDIYのできる香料などこちらで買えますよ。

やはり注目はRY4でしょうか。

https://www.healthcabin.net/

See You!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

「ピコンカーのすゝめ」


「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずといえり」


生まれた時はみんな平等に生まれてくるんですね。


でもね?


言いたいのは何でもかんでもみんな平等なんだよ、ということではなく…


生まれた時は確かに平等でもその先からはそれぞれ違いが出てくるんですよ、と。


仰ってるんですね。


「色々」な差が。


そこで学問をしようよ、ということなんですね、きっと。


そうすれば幸せになれるよ、ということなんでしょう。


さて、、


「VAPEとは人の上に人を造らず人の下に人を造らず…」


みんな平等だよ、仲良くしようよ。


楽しくね。



でもね。


それぞれ違ったりしますよね。


いろんな意味で。


もちろんみなさんがお持ちになられているMODやアトマ、リキッドなどなど…「好み」なんかは違って当たり前で寧ろ違うから面白いとこってありますね。


そういうのを眺めているだけで楽しかったりしますよね。


いいね!それ!なんだかおれも欲しくなってきた!みたいな。


逆に同じものを持っていらっしゃる方を見つけてはそれはそれで…


おー!同志!


みたいな、楽しい共有感を味わえたりしますね、気分が。


良いですね!


それはそれとして素晴らしいことなんですけど…


ではその使用されるデバイスに対しての知識は…?はて?


我々の住む日本国内ではまだそれほど大きな事故も起きていないと思われますが。


あ、去年だか一昨年にVAPEでなんらかの理由でお怪我されている方の写真をチラッと拝見したことあったかもしれません。


他に公に出ていないのかもしれませんが…


今のところ幸いにも大ニュースになるような事故は無いようですね。


この調子で安全第一に運用していきたいものですね。


でもね?


ちょっとだけ知識を得ることも大切ですね。


ちょっとだけでいいんです。


知識といっても色々ありますが…。


みなさんがお気に入りで使われている特にMOD、アトマイザーなどですね。

あるいは肝のバッテリーですね。


自分がお気に入りで使っているMODってどんな種類なんだろうか…


このアトマははたしてメカニカルで使えるだろうか…


このバッテリーの性能は??


ちょっとの疑問が知識を得るためのスタートになったりしますね。


ちょっとだけでいいですから腰を下ろして落ち着いて調べてみるのはとても意義のあることかと思う次第です。


そしたらみんな幸せになれる気がしますね。


それはさておき唐突ですが私最近、
Eleaf Pico Squeeze 買いました。

通称「ピコンカー」と言われていますね。


今まで手に入れてなかったのが不思議なくらいです…自分で言うのもアレですけど。


かなりシンプルなパッケージでした。


個人的な実用を考えた時にスコンカーって必要じゃなかったんですよね、今まで。


しかし最近少しずつスコンカーの使用頻度が上がってきたかな、って感じになってきたので…。


「普段使い」に最適な物を…と考えた時にコレが真っ先に頭に浮かんだんですね。


思い立ったら可能であれば即実行をモットーにしております私ダヴです。


買いましたね、安かったですし。


Pico Squeezeはテクニカル仕様で2というものがリリースされているんですけど…↓(こういうやつ)
Eleaf iStick Pico Squeeze 2 100W TC Squonk MOD 、電子タバコ通販


かたや私が買った初代ピコンカーは今となっては定番中の定番でちょっと古いのかなっていうイメージは否めませんがやはりデザイン、セミカニカルという部分で初代ピコンカーを買いました。


初代Picoのデザイン好きなんですよね。


テクニカルの初代Picoに比べてちょっとだけ背が高いですね、ほんのちょっとだけ。


デザイン、大きさ、使用感…かなり気に入っています。


これはセミカニカルのBFのMOD(スコンカー)になります。


テクニカル(レギュレーテッド)のスコンカーが主流になりつつある最近では流石に今更感は否めませんが…。


確かにマスプロ品とはいえ魅力的なテクニカルのスコンカーがいくつかありますよね。


かくいう私も欲しいんですよ…。


そのうち使ってみたいと思っていますが…。


ではなぜ今更感満載のピコンカーなのか…。


先ほども言いましたが…デザインですね。


このPico系のデザインほんと好きなんですよ。実は今だから言いますけど。


もう、私の中では傑作の一つなんじゃないかなって思っています。


ですのでこんなメカスコ(revolver)も最近買ったんです。

似てるんですよね、フォルムが。

まあ、それもさておき…


各パーツをほんの少々簡単に見ていきたいと思います。


ボトルはマグネットの蓋を開けてこちらから…


LEDのランプが点灯、点滅でそれぞれの動作状況をチェック。
マイクロUSB端子での充電も可能ですね。
セミカニカルなので当然液晶はありません。


これはシンプルに使い易くて非常に良いですね。


この個体に関しての詳しい記事は既に色々あると思うので…。


誠に僭越ながら簡単ではありますが一応スペックだけ書いて本日私ダヴのご挨拶とさせていただけたらと思います。

スペック

•出力ワット数:最大50W

•アルミニウム製作

•抵抗範囲:0.15ohm〜3.5ohm

•再現されたsquonkシステム:あなたがボトルを絞ると、Pico SqueezeはイメージングされたSquonkシステムを介してe-液体をボトムフィード噴霧器に直接送ります

•リフィル可能なスクォンクボトル6.5ml容量:リフィル可能なSquonkボトルに6.5mlのe-液体を入れ、リフィルの間隔を延長することができます

•直接出力電圧:出力電圧はバッテリレベルに応じて自動的に変化します。バッテリレベルが高いほど、出力電圧が高くなります

•逆極性保護

•510スレッド接続

•18650バッテリー

•マイクロUSB充電ポート

See You!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

Stormy RDA by 風林火山 F.L.H.S Brand 買ってみました

台湾のメーカー、風林火山 F.L.H.S BrandのRDAですね。


Stormy RDA


ところで「風林火山」といえば戦国時代の武将 武田信玄さん。

有名ですよね。

「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」

風…疾(はや)きこと風の如く

林…徐(しず)かなること林の如く

火…侵掠(しんりゃく)すること火の如く

山…動かざること山の如し

(wikiより)

戦いにおける四つの心得をシンプルなフレーズでわかりやすくまとめたものですね。


しかしながら現代に生きる、VAPE界隈で戦っている私ダヴの場合少々意味合いが異なってきます。


風…ポチる時は疾きこと風の如く

林…リストオープン間近は徐(しず)かなること林の如く

火…x1すること火の如く

山…荷物(トラッキング)が動かざること山の如し…いや、もとい…荷物の到着が遅くても動かざること山の如し

見事に当てはまります。


そうです、いわばVAPE界隈も戦国時代のようなもんです。

皆様もVAPE界の立派な戦国武将になられていることかと思われます。


そんな戦国VAPE界にまた一つRDAがリリースされました。


「疾風」とデカデカとデザインされたケース、そして風林火山という文字…

一見日本のメーカーかと思ってしまいがちなデザインにも見えなくもないですね。


早速開けてみましょう。

•Stormy RDA本体
•ドリップチップ…810サイズ、510サイズ、510への変換アダプター
•予備Oリング
•BF用ピン
•予備ネジ
•ポーチ


スペック

直径:22㎜
高さ(810ドリップチップ込みの実測):21.3㎜(ポジティブピンスレッド部分除く)
シングルコイル前提のデッキ
•トップとサイドからのエアフロー(サイドのエアホールは一箇所)
•BF対応
•made in 台湾


では実際に見ていきましょう。

各パーツの細部構造

•キャップ…

スペックのところにも書きましたがサイドのエアホールは一つです。

そしてトップに6個の小さなエアホールがありますね。


•キャップ裏

天井は緩くドーム状になっています。

810のドリップチップをつけて上から見ると…

横から見ると…

810のDTをつけると矢印の部分は隙間が開く状態になります。

という事はトップの6個のエアホールは全開ということになりますね。


では510のDTではどうでしょうか。

この変換アダプターを使用します。

装着すると…

変換アダプターが切り欠きされているデザインになっていてそれを回すことによってトップのエアホールを塞ぐことができますね。

って感じですね。

サイドエアホールは実測で縦約1㎜、横約6㎜でした。

キャップ自体を回してサイドエアホールの開度を無段階に調節できます。


•デッキ…

では次にデッキを見ていきましょう。


ぱっと見、目を引くのはすり鉢状になっているこのパーツです。

これがどういった効果をもたらすのでしょうか。

物理的な現象として、このパーツがある分、デッキ内の空間は狭くなるのと、BF使用時供給されるリキッドは底面中心に集まることによってリキッド供給過多による漏れ防止、あるいは入り込んだエアーがこのパーツに当たって気流がどのようになるのか…などが考えられると思います。

ポストの方は湾曲されている壁になっていますね。

とはいえビルドをする際にはそこまでデッキ内は狭くないようにも見えるのでやりにくいというのはなさそうです。

サイドエアホールの位置

デッキ底面


ビルド

ではビルドしてみます。

吸ってみます。

味は概ね濃く出ているように感じます。

810でのドリップチップを使用してトップ、サイド両方全開だとドローは結構軽いです。

510用のアダプターを使用してトップを閉、サイドの方を絞り気味にすると割とドローは重くなりますがちょっと熱くなりますね。

いずれのドリップチップも短めなので吸っている時唇熱いです。

長めのドリップチップに換装した方が良いかもしれません。


カンタル26gの単線でビルドし直してみます。

こちらではどのようなパターンでもそこそこ味は出ているのかなって感じがしますが…

クラプトンの方が味がはっきり出ていました。

ミスト自体はどうなんでしょう…

よくシルキーとかなんとかって表現ありますけどわかんないです。

ミストの口当たりは軽い感じはしますね。

まあ、そのあたりの感じ方は個人差がありますから…。


あとはやはりドリチ…

これ、別なやつに変えて使いたいですね。

トータル面で使用した場合、このアトマに関しては810の方が何故か個人的にはしっくりきました。

ただ…このDTは…他のに変えたくなりますね。


見た目は背が低くてコンパクト。

かっこいいですね。

お洒落で洗練されたシティ派のように見えなくもないです。

私の好みなデザインです。

お値段もちょうど手の出しやすいいやらしい価格帯なんですよね。

税込8100円でした。

つい買っちゃうじゃないですか、このくらいだと…。

マスプロとはまた違うので所有感もそれなりにはあるのかな…。


あとはビルドですね、とにかくビルド。

まだまだ一考の余地はあるように思うのでしばらく弄っていきたいと思います。

そんなStormy RDA 、私はこちらで買いました。

↓↓↓

m.facebook.com

See You!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村