good time vape time

vapeに関するブログです。

SQUI BF RDA by proteus progeks from philippines

SQUI BF RDAを買いました。proteus progeksのアトマイザーになります。フィリピン製ですね。

本体キャップ、これはSSのシルバーなんですけどブラックもあります。

今ブラックって流行ってますね、いや流行ってるかわからないですけどブラックの色々なアトマイザー出てきてますね。

最初に販売されたファーストバッチにはウルテムとPMMAのキャップ、DTが特典で付属されていました。
少しお高かったですけどお得感がありました。

こちらが全てです。他に予備パーツ、六角ピン、BFピン、ノーマルピンなどが標準で付属されています。あ、BFピンは元々本体に付いていました。

直径22㎜

シングル、デュアル共に組めます。

で、このアトマイザー、ノーマルのポジティブピンは付属されているものの前情報によるとBFにかなり特化した作りになっているようです。

通常BFのアトマイザーの場合、ピンの中を通ってそのまま真上へリキッドが出てくると思うんですが…
これの出口は…ピンの中を通ってはくるんですが真上ではなく途中で左右に振り分けられてデッキ底面の対角に出口があります…

左右に小さな穴があります、そこから出てくるようです。

ということはあれですね、ウィッキングしたコットンの両端にリキッドが供給される格好になるんですね。

通常、ピンからそのまま出てくるポイントが真ん中だとコイルに当たる感じですかね、もしくはそこからデッキへ流れていくイメージですか。

BFアトマイザーのリキッド供給に関してあまり詳しく説明できないのがもどかしいんですが…
いや、実際にフィードした写真とかお見せできればいいんですがいかんせんBFのmodを持っていないという致命的な弱点が今の私にあります。(近々手に入れます)
ですので文章だけで説明させていただきました。

しかしそれだけじゃレビューになりませんので一先ずやれることはやっておきます。
バラしてみました。

BFピンの横に穴が開いてます。

デッキ底面に溝が切ってありますね。そこに流れるんでしょう。

でその上にセットされているベージュ色のピーク材の両端の穴からリキッドが出てくるというルートですね。

BFに関しては再度使用感などブログに追い追い書かせていただくとして…

今回は通常のノーマルポジピンを使ってみたいと思います。
あれ?これ、素材シルバーかな?シルバーメッキかな…
ぱっと見通電良さげです。


ビルドします。

約0.6Ωです。

ポジピン出てますね、ハイブリットいけそうなのでKIYOMASA使います。

ぺぱかかを吸ってみます。(秋なんでね)

直径22㎜なので…KIYOMASA24㎜なので付属のスラントリングをそのまま使ってみます。

まずですね、何しろカッコイイですね。

うーむ。
美味しい。
ミストの量は0.6Ωっていうのもありますが概ね多いですね。
シングルでこれは十分すぎますね。

もっと荒っぽいミストかなーって思ったんですが、マイルドで割と細かいミストです。

スーッと優しく口の中にミストが入ってきて口当たりも良いです。

エアーフローは…
こんな感じです。


サイドフローですね。

全開で、ドローは軽いですがスカスカっていうほどスカスカじゃないですね。

個人的に丁度良いです。

そして味、よく出ます。(0.6Ω)

高抵抗で更に良く出そうですね、味。

いや、これ気に入りました。
しかしやはりBFで使ってみたいですね、このアトマは。

少し値段は高いですが…
セカンドバッチから特典はつかないようなこと確かお聞きしたので少しは安くなるんですかね。

気になったらいっちゃっても良いと思いますよ、これ。

何しろカッコイイですね、個人的に。

PMMA

ウルテム

こちらで買いました。
http://vaporskull.shop-pro.jp/

http://vaporskull.shop-pro.jp/?pid=122466159

See You!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

いちご牛乳 - 小江戸工房(後半追記しました)

父 「よっしゃ!風呂行くぞ!支度しろい!」

母「はいよ、父ちゃん!ほれ!これ持って!」

息子「おれ、行かない…やだ…家の風呂はいる」

父「何言ってんだ、おめえ…あっ!…ははーん、さてはあれだな?おめえ裸見られんの恥ずかしいんだろ?べらんめぇ!きしょーめ!いいから行くぞ!てやんでえ!」

昔はこんな感じで家にお風呂があるにもかかわらず何故か銭湯に向かう家族の光景がありました。イッツオールウェイズ。(いや、よくわかりません)

ないかね…

昭和の下町、夕方、ひぐらしの鳴き声、夏休み、、

銭湯というとそんなイメージですかね。

あ、でも冬もイメージありますね。
銭湯って熱いじゃないですか。
ポカポカに暖まって寒い空気の中歩いて帰るっていうですね。

そんな銭湯に必ずあった三大牛乳…

牛乳、コーヒー牛乳、いちご牛乳

私はコーヒー牛乳が大好きでした。
いちご牛乳なんて女子が飲むもんだろ!と小学生二年生のいきがってた頃を思い出します。(いや、そんな事言ってません)

風呂上がりに飲むキンキンに冷えたコーヒー牛乳、確かに美味しいです。

で、これです。

違います、これです。

いちご牛乳 - 小江戸工房https://coedofactory.thebase.in/items/8252829

いいですねー。

ラベルがシンプル、レトロ調で好感持てます。
音楽でもそうですけど、視覚でも小さい頃を思い出したりしますね。
そんなラベルデザインですね。

まさにノスタルジックな雰囲気をこのシンプルなラベル一枚で表現しているのでしょうか。

商品説明…

昔懐かしい喫茶店で飲んだいちご牛乳をモチーフに、たっぷりの濃い牛乳の旨味を大切にして損なうことのないよう、甘く爽やかなイチゴの風味と後味にふっと感じる酸味を絶妙なバランスでブレンドしました。

一口吸えば、甘くジューシーないちご牛乳の香りが口の中に広がります。

内容量:30ml   ニコチンは含まれていません。

そうです、昔懐かしい喫茶店にあったいちご牛乳です。

銭湯じゃありませんよ?

舌の根も乾かないうちに言うこと変えるのは得意じゃありませんが小江戸さんが仰ってるのでそうなんです。
昔懐かしい喫茶店です。イッツオールウェイズ。

開封して匂いを嗅いでみます。

結構ミルク感ありますね、匂いは。

次はミストの匂いを…

10w…けっっこう、ミルクの割合が多いイチゴミルクの匂い、イチゴミルク飴の匂いです。

20w…あ、かなりミルクだ…ホットミルクみたいな…あ、ちょっとこれは…。ミルクが大好きな方はこの匂いたまらないでしょうね。

吸ってみます。

1.1Ω 10w

牛乳ですねー。
舌に酸味を感じられます。きっといちごのテイストなんでしょうか。
ややフルーティーな面影も感じられます。(牛乳)

15w

吸い始め、ホットミルクですね。
吐き出しでミルクからいちごの風味に変わりながら鼻から抜けていきます。
多分この表現が一番伝わるかと思います。(でも牛乳)

17〜20w

ミルクですねー。
ミルクメインでイチゴの味付けをされているホットミルクいちご味のようですね。(やっぱり牛乳)

口の中に入ってくる主役はミルク、その側でイチゴが色を添えているイメージです。

吸い込み喉から鼻にかけてミルク主体で爽やかなイチゴがまとわりついて鼻から抜けた後の後味にイチゴの酸味のあるサッパリ感が残ります。

口から吐き出すとやはりミルク、イチゴミルクシェーキの様なテイストです。

なるほど…喫茶店のホットイチゴミルクそれに近いかもしれません。(結論牛乳)

牛乳が苦手な私的にはもっともっとイチゴのフレーバーが濃いほうが好みです。

とはいえ、これ、ミルク感が好きな人には美味しいと思われてるんでしょうね。

バニラほどまったりしていないので後味はいちご味の酸味もあってサッパリしています。

前4作のカクテル系とは打って変わってノスタルジックな味わいのスイートドリンクと言うんでしょうかね。

とにかくミルク(牛乳)大好きな方はこれ好きそうです。

※ 30mlで1600円、コスパは良いですね。

☆☆☆

See You!!!

追記

どうもこの抵抗値1.1Ω…これだとモロに牛乳の味と、僅かなイチゴの味しかしません。
この忌まわしい牛乳の味を少し引っ込めたい…
どうしても納得いかないのでめんどくさがりやの私ですがビルドし直してみます。

0.35Ω20w〜25w

ミルクの味が鼻に残りますがかなりいちごが出てきました。

28w

この位だと…あー、私の脳が拒絶反応起こさないみたいです。
バランス的にイチゴの割合が大きくなってきてまさにイチゴミルク、いちご牛乳、小江戸さんが自信を持って美味しいと仰られてるのはこういう事なんですね。
これは美味しいですね。
bae baccという私お気に入りのタバコ苺味ありますけど、あれとは全く違う趣のスイートいちごで、これはこれで美味しいですね〜。
いちごの風味、酸味が鼻から抜けていきます。

牛乳は奥に引っ込めてこのセッティングがいいですね。牛乳嫌いな人は。

牛乳大好きでホットミルクも全然大好きな人は高抵抗でセッティングしてみると良さそうです。

私はいちご牛乳に関しては低抵抗で吸える感じでした。

全然美味しいです。

(これは追記しておかなければ…。)



See You!!!









にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

Coé de Kahlúa Milk(コエド・カルアミルク)- 小江戸工房

小江戸工房様https://coedofactory.thebase.in/items/6731693

お試しセット4本目のレビューです。

Coé de Kahlúa Milk(コエド・カルアミルク)

商品説明より

カルアミルクは、言わずと知れたコーヒーリキュールを使ったカクテルの代名詞ともいえるカクテルです。

Coé de Kahlúa Milkは、カルアミルクをモチーフに、濃いめのミルクを使いコーヒーリキュールがちょっぴり多めのレシピでVapeリキッドに仕上げました。

ミルクのコクとコーヒーの風味が相俟った、絶妙なバランスをお楽しみ下さい。

カルーア・ミルク (Kahlua and Milk) とは、コーヒー・リキュールのカルーアを牛乳で割ったカクテルのことである。このカクテルは、冷たいタイプのロングドリンク(ロングカクテル)に分類される。牛乳の量が比較的少なくとも口当たりがコーヒー牛乳のように柔らかく飲みやすいが、アルコール度数は決して低くない。当然ながら牛乳の量を増やせばアルコール度数は低くなり、そして甘くなくなるので、好みの分量を見つけると良い。なお、コーヒー・リキュールはカルーア以外にも存在するが、カルーアを使わなかった場合は、カルーア・ミルクと言わない。〜ウィキペより

なんか、ウィキペディアで一応調べるのが日課になってきましたダヴです、こんにちは。

カルアミルク…アルコールの入ったコーヒー牛乳みたいなものですね。

牛乳嫌いですけどコーヒー牛乳は大好きな私です。ちなみにカルアミルクはミルク多めのアルコール低めのが好きです。

キャップを開けて香りを嗅いでみます。

ライオネスコーヒーキャンディーってご存知ですか?

私の中ではコーヒーキャンディーの最高峰と位置づけています。
今売ってるんですかね?

あの匂いがしますね。好きな匂いです。


1.1Ω 10w

僅かにミルク感があるコーヒー味って感じです。
しっかりコーヒーがベースにある感じですね。

15w

吸い込み始め苦味の効いた割と本格的なコーヒー豆の香りが口に広がります。
若干の酸味と苦味があって吐き出しではやはりコーヒーの程よい苦味が抜けていきます。そしてリキュール系のアルコール感があとからやってきます。

20w

あー、なるほど…
割とアルコール感を強めに感じます。
そして芳ばしさが増した苦味の効いたコーヒー豆感ですね。
コーヒーリキュールのテイストが鼻から抜けていきます。(美味しい)


ミルク感があまり感じられないので…
いずれもカルアミルク的な甘ったるさみたいな感じはないですね。
甘さを求めて吸ったらちょっとあれ?ってなるかもしれません。
もう少し甘さがあった方が万人受けするのかな?って感じましたけど…
私はこの味大好きです!

ただ、、カルアミルクかと言われたらもう少しミルク感あってもいいのかなって感じです。

ミルクはこの際忘れてコーヒーリキュール単体として踏まえて吸ったらこれはものすごく好みです。

もともとコーヒー系、複雑系、タバコ系、アルコール感が私は好みなのでこれはストライクゾーンですね。

割と苦いですよ。(でも美味しいですよ)

☆☆☆☆

See You!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

Coé de Piña Colada(コエド・ピニャコラーダ) - 小江戸工房

ダヴ「あー、これ…
マンゴーか…いや、違うな…
なんだ?
パイナップルの味は凄いするなあ…
でもこのミルクっぽいのこれ、なんだ?バニラか?」

妻「どれ?どれどれ、ちょっと吸わせてみ?ああ…これココナッツじゃないの?ココナッツミルク」

と、前情報無しで先ずはコットンにリキッドを垂らして吸った感想です。

Coé de Piña Colada(コエド・ピニャコラーダ) - 小江戸工房

商品説明より…

ピニャコラーダは、たっぷりのフレッシュなパイナップルジュースにココナッツとラム酒を加えた、カリブ生まれのカクテルです。

Coé de Piña Coladaは、本格的なバーで出されるフレッシュなパイナップルジュースをたっぷり使ったピニャコラーダをそのままに、Vapeリキッドに仕上げました。

パイナップルの豊かな風味とココナッツのアクセントをお楽しみください。

内容量:30ml   ニコチン・アルコールは含まれておりません。

(ほんとだ…ココナッツか…)

妻「ね!ほらね!いったでしょ?ほら!そうだと思ったんだよ、うひゃひゃひゃひゃー!勝った!」

リキッド吸うのに勝ち負けに持ち込まれましたけど…

小江戸工房様https://coedofactory.thebase.in/items/5182549のリキッド3つ目のレビューです。

だいたいピニャコラーダって飲んだことないです。

どんなの?

ピニャ・コラーダ(スペイン語: Piña Colada)はカクテルの1種。ラムをベースに、パイナップルジュースとココナッツミルクを砕いた氷と一緒にシェイクして作るロングドリンク。黄白色で甘みが強い。

Piña Coladaは、スペイン語で「うらごししたパイナップル」の意味。材料として、パイナップルの果肉をよくすりつぶし、裏漉ししたジュースを材料とすることに由来する。

ウィキペディアより

なるほど…

1.1Ω 15w

結構…ミルク感強いですね…
あとからパイナップル、喉の奥まで吸い込んだ時にメンソール的な清涼感を感じます。

私、あんまり…ミルク苦手なんです…。
でもこのココナッツミルクのおかげでパイナップルの味に深みが出ているような気がします。

コーヒーにミルク入れるみたいな、イメージですかね。
ミルク単体じゃないので全然いけますけど。

吐き出しはパイナップルのフルーティーなテイストにココナッツミルクが周りをコーティングしてるようなイメージで鼻から抜けていきます。

これ、ココナッツミルクが大好きな人はいいんじゃないですかね。

20w〜23w

ラム酒が顔を出してきました。
15wの時と味の表情がかなり変わってきました。

この辺りの味、美味しいです。

ラム→パイナップル→ココナッツの順でファースト→ラストと味が抜けていきます。

ワッテージ変えてここまで変わるんですね。

舌に酸味と甘味を感じられてアルコール感が増してきます。
これは美味しいです。
吐き出しの香りが寧ろ好きな味です。
逆にココナッツがあるから奥行きのある味になるのかなって気がします。
個人的にはミルク系は苦手ですけど…。
味のテンションを変える役割としてこのココナッツミルクが一役担ってるんでしょうね。

清涼感が若干強めになってきますが吸いづらくなるというのはないので違和感なく吸えます。



あ、でもやっぱミルクがいる。

☆☆☆

See You!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

Coé de Mojito(コエド・モヒート) - 小江戸工房

「わがダイキリはフロリディータにて、わがモヒートはボデギータにて」〜ヘミングウェイ

モヒートのリキッドを吸うたびにこの台詞が頭をよぎります。

このレビューとは関係ないですけども…ヘミングウェイさんこんな名言も残しています…

「我々はいつも恋人を持っている。

彼女の名前はノスタルジーだ。」〜ヘミングウェイ

フヒュゥ〜…かっこいいぃ〜…

よーし、おれも…。

と思ったところでやめました。

このブログは私の名言集ではありませんでした。

あくまでもvape関連のブログでした。

「これをやりにおれは生まれてきた」

と思えることだけを

考えていればよい。〜ヘミングウェイ

こんにちはダヴです。
秋ですね、随分涼しくなってきました。

しかしいつまでも夏休みが続いたらいいのに…という想いを込めながらサッパリしたリキッドを吸いたいと思います。

モヒート(スペイン語: mojito)とは、ラムをベースとした、冷たいタイプのロングドリンクに分類されるカクテルの1種である。キューバハバナが発祥の地である。有名なカクテルであり、いくつかのレシピがある。〜ウィキペディアより

Coé de Mojito(コエド・モヒート)

小江戸工房様https://coedofactory.thebase.in/のリキッドですね。

商品説明では…

モヒートは、クラッシュしたミントとライムに熟成したラム酒と炭酸水を注いで作られる、キューバ生まれのカクテルです。

Coé de Mojitoは、本格的なバーで出されるフレッシュなミントをふんだんに使ったモヒートをそのままに、Vapeリキッドに仕上げました。

ラム酒の爽やかな甘さとミントの風味をお楽しみください。

内容量:30ml   ニコチン・アルコールは含まれていません。

1.1Ω 3㎜ 15w

ひんやりサッパリすっきり軽いモヒート。
ミントとライムが爽やかです。

20w

このセッティングは美味しいです!
ライムの程よい酸味と一緒にラム酒でしょうか、微妙な甘味が舌に当たってとても美味しく感じます。

ミントのテイストも軽く上品な感じで喉までスーッと違和感なく楽しめます。

吐き出しでライムの苦味と酸味、フルーティーな若干の甘みが鼻から抜けていきます。
そして爽やかな部分をミントが絶妙な名脇役で担っている感じですね。

甘すぎずサッパリスッキリ吸えるリキッドです。

とはいえ、モヒートはある種独特のクセがあります。

それが良いんだよ…って人には良いかもしれませんね。

モヒート色々ありますけど、この小江戸工房さんのモヒート良いですね。

再現度は…爽快感は良い感じ、高いかもしれません。

私はこの上品に感じられるモヒート好きですね。

☆☆☆☆

星4つ

See You!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

Coé de Sex on the Beach(コエド・セックスオンザビーチ)- 小江戸工房

セックスオンザビーチ…

カクテルの名前ですね。

小江戸工房https://coedofactory.thebase.in/にてお試しセットを入手致しました。

そのうちの1つになります。

商品説明…

セックスオンザビーチは、常夏の南国のビーチをイメージしたウォッカベースのフルーツが香るカクテルです。アレンジレシピが無数にあることでも有名です。

Coé de Sex on the Beachは、セックスオンザビーチをモチーフに、たっぷりのクランベリージュースをベースに、ピーチとパイナップルをブレンドし、この世に二つと無いフレーバーに仕上げました。

情熱的な夏の風景にぴったりのフルーツ感溢れるリキッドです。

キャップを開けて香りを嗅いでみます。

…なるほどです、ピーチの香りがします。他のフレーバーの香りも混ざってるんでしょうが香りだけ嗅ぐとピーチの印象を強く感じます。

シングルコイル 3㎜ 1.18Ω 10w
以下抵抗値は変えずワッテージを上げていきます。

吸い始めは軽くベリー系の味がします。
僅かに清涼感も伴ってますけど吐き出し鼻から抜けるテイストはベリーとほんの僅かに桃がいる感じです、清涼剤は全く感じません。
軽いだけに甘さもそれほど感じられずサッパリしてる第一印象です。

15w

吸い込み始めベリー、ピーチ、清涼感がそのままの割合で主張してくる感じが強くなってきました。
吐き出し鼻から抜ける味はベリー一強って感じです。
清涼剤はそれほど入ってないんでしょうね、嫌な刺激がないのですごく吸いやすいです。
舌に酸味を伴った甘さを感じて吸っていて楽しい気分になりますね。

20w

思ったより不思議な味が個人的にはします。これとこれとこれ!って特定できない正にミックスフルーツの味ですね。
総じてミックス感が強い印象でベリーメインのトロピカルカクテル、トロピカルジュースって感じですね。

17〜18w

この辺りが個人的に好きな味です。
いずれもベリーが前に出てくる印象で僅かにピーチ、パインは奥に引っ込んでる感じです。
リキュール感も僅かですがあって鼻から抜ける時にそれが丁度良いバランスでついてくるので甘ったるくなく飽きずに吸えますね。

総合すると…それぞれのフルーツを感じるというよりベリー系メインのピーチ、パインがミックスされて全てまとめて1つの味として成立している感じです。
これは美味しいミックスフルーツジュースです。

(だいたい本物のミックスジュース飲む時に…ん?お!これは桃だな!お、りんご味もあるな?なんて思いながら飲まないもん。
個人的には何も考えずに1つのミックスフルーツとして美味しく吸いたいです。そんな美味しいリキッドだと思いました。)

(これに色々添加してみて吸うと美味しいでしょう)

あ、部屋ん中ピーチの匂いで良い香り…ホッとします。

See You!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

Armor Mods 〜Armor 1.0

•マレーシアのアトマイザー

•人気者のアトマイザー

•でもなかなか手に入りにくいアトマイザー

人気者にはやはり手を出したくなるのが人の性です。

Twitterのフォロワー様に譲っていただきました。
ありがとうございます!(まりんさん)

以前から欲しかったんですけどFBのグループに参加して…ってやつです。

手に入れるまでなかなか困難な道のりが続きます。

昔懐かしいドンキーコングの様です。

はたまたスーパーマリオ

ゴールまでの道のりにいくつものハードルが待ち構えています。

とはいえ、別なモッダーさんのアトマイザー、先日初めてグループに参加して購入しましたけど…うーん、翻訳アプリ使ったりなかなかドンキーコングでした。
話が脱線しそうなのでそのレビューはまたおいおい…

で、Armor 1.0です。

•特徴的な段差のついたキャップの形状

•BF対応

•2ポストデッキ

•直径22㎜

•シングル/デュアルの両方のビルドに対応

•なにしろカッコイイ(私の場合これが8割です)


一度は目にした方もいらっしゃいますかね。
黄色い紙のパッケージに入ってます。
コスト削減ですね。
そしてエコロジーです。
紙ですから。


内容物は本体、スペアパーツ、510用互換アダプターです。

デッキはこんな感じです。

シングル

デュアル

背は低いですね。

そしてジュースウェルはそんなに深くはないですね。
でもデッキ内というか、キャップを被せた時に中が狭くなって濃いミストを出せそうですね。

そしてこれが510用ドリップチップのアダプターになります。

つけるとこんな感じになります。

バラしてみました。
シンプルで良いですね〜!
だからRDAって好きです。
どうも部品の多いのは個人的に苦手なんです…。

ポジティブピンはこのくらいですね。

ついでに裏はこんな感じです。

ちょっとピンボケで申し訳ないですが…BFピンを使用した時のリキッドの入り口はポストの間、ど真ん中ですね。だいたいみんなこんな感じでしょう。

キャップ裏の形状は見た目の段差の通り内側も同様な形状になってます。

ミストがDT付近で濃縮されるイメージでしょうかね。

エアホールの位置です。ボトムフローですね。無段階調整になります。対角の反対側にもあります。

組んでみますね。
シングル

デュアル

さて、吸ってみます。

シングル…カンタル26g 30で約1Ω

•味濃いです。

•エアフロー全開でもスカスカではないです。
寧ろ重めに感じます。

•簡単に美味しい味出ます。

デュアル…カンタル26g 30 約0.6Ω

•若干味は飛び気味になります。
味が薄く感じるという事ですね。
あー、でも腕前の問題かもしれません…。精進します…。

•エアーフローの調整はある程度変化つけられますけどあまり変わらずスッカスカっていうほどスッカスカではないですけどどの辺りで調整しても軽いですね。

•煙量は結構多くなりますね。

個人的にはシングルの方が断然好きです。

簡単に濃くて美味しいミストを出せますね。

そしてとにかく味がしっかり出ている感じです。

これはとても気に入りました。

惜しむらくはBFのmodを持っていないのでそれを試せないでいるという事ですね…。

そしてこういうアトマイザー、もっと国内で入手しやすくなるといいんですけどね。(入手方法の敷居が高いかな)
(早く欲しい、スコンカー)

さてさて…
これで最近手に入れた小江戸工房様のリキッドを吸っていきたいと思います。

おっともうこんな時間だ…。

リキッドレビューは次回に…。

See You!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

広告を非表示にする