VAPEを嗜み日々是好日

vapeに関する記事、レビューブログ

KEMURI_product ドリップチップ ステンレスバージョン(内径2㎜追加)のレビューの巻

さて何度目でしょう。

KEMURIさんのドリチについて紹介させて頂き始めてから何度目かのKEMURI_productドリップチップのブログ記事になります。

えーと?

まだ世に出る前の記念すべき第一回目
KEMURI_product ドリップチップ(プロトタイプ)レビュー&製作者様にお話を伺いました - VAPEを嗜み日々是好日

二回目
KEMURI_product DT brass ver.(ブラスバージョン)試作レビュー - VAPEを嗜み日々是好日

三回目?
KEMURI_product ドリップチップ デルリン(黒)&ウルテムバージョン レビュー - VAPEを嗜み日々是好日

これが四回目かな?あれ?わかんなくなっちゃった…
KEMURI_product ドリップチップ 6㎜バージョンのご紹介 - VAPEを嗜み日々是好日

↑クリックするとそれぞれ見れますよ


今回が五回目の記事になりますかね。

もしかしたら見落としてるかもしれません。
自分でもわかんなくなっちゃうくらい書いてますね。

それだけ記事に書くには理由があります。

私が気に入っているからです。

そして色々なバージョン違いをリリースされているからなんですね。

記念すべきデビュー作からのお付き合いですし、こうなったらとことん書かせて頂きましょう。
(いや、好きで書いてるんですけどね…シリーズ化になってます)


そして今回レビュー依頼を頂いたのはこちらです。

KEMURI_product DT sus version + 内径2㎜追加

KEMURIさんとはよく非公式にお話もさせて頂いているんですけど事あるごとに…

「もうちょっと内径細いの作って頂くっていうのは…?」

「内径細いのあったらおもしろいですよね?」

「ねえ、ねえ、KEMURIさーん、細いの作ることは?可能ですかね?ついでに素材はsusとか、チタンとか?susいきましょうよ!sus!」

なんてお話させていただいていました。

だから作られた、というわけではなく色々なKEMURIさんの中でのお考えがあって作製に入られたのでしょうが、このDTで内径細いのはどうなるんだろう?というワクワク感があったので今回とても楽しみにしていました。

素材については色々あったら楽しいですよね。

しかもドリップチップはアトマイザーに直結するパーツです。

そのアトマイザーも色やデザイン素材に関しても様々なものがあります。

自分の手持ちのアトマイザーで上手くマッチするドリップチップがあったら気持ち良いですもんね。

そんなわけでめでたく内径2㎜、そしてステンレスバージョンのリリースと相成ったわけですね。

もちろん内径に関しては従来の3㎜、そして6㎜も対応されるんですかね。

そして特筆すべきは「色」です。

ステンレスに色をつけているんですね。

これは塗っているわけではなくある特殊な技術によって色をつけているそうです。

今回、シルバーとブラックを送って頂きましたが他にも様々な色をご用意されているようです。

その辺りのご紹介は後ほどさせて頂くとして少々細かい部分を見ていくことにしましょう。


まずは内径2㎜のDTを見てみます。

持った感じは…ステンレスという素材なのでややズッシリとした持ちごたえがあります。

非常に高級感があり、所有満足度はかなり高いです。

ご覧の通り重さは9.88gありました。

内径3㎜では?

9.21gでした。

個体によって多少の誤差は生じるでしょうがやはり2㎜の場合は内径が細くなる分、肉厚になるので重くなりますね。

しかし決して嫌になる重さではありません。

「気持ちの良い重さ」です。

「物」を持った時の感覚ってあるじゃないですか。

軽くて気持ちの良いものもあればその逆も然り。

これは適度な重さを感じて気持ちが良いです。


見た目はどうでしょうか?

外観は歴代のKEMURIさんのモデルと変わったところはありませんね。

しかし2㎜です。

内径を見てみます。

出口は従来のモデルと同様に外へ向かってテーパーがかけられていますね。

これがKEMURIさんのドリチの1つの特徴的なところでもあります。

内径によってテーパーの角度は変わってきますが、どのモデルも出口付近に逆テーパーがかけられているんですね。

これによってミストが口の中に入ってきた時に一点集中ではなくある程度のミストの広がりを演出させています。

結果、口の中にスムーズでフワッとした柔らかいミストを広げながら運ぶ狙いがあるようです。

入り口付近にもテーパーがかけられています。

これは逆にアトマイザー内で発生したミストがスムーズにドリップチップ内の経路に入り込む事を狙っている作りですね。

KEMURI_productさんのドリップチップは入り口付近、出口付近に必ずこのテーパーがかけられています。

KEMURIさんの1つの拘りの部分なんじゃないでしょうか。

そしてドリップチップ内道中はストレートです。

この道中ストレートにも意味があります。

以前お話しさせてもらった時の話なんですが…道中にも逆テーパーをかけたりするっていうのは?どう思われますか?と、少々期待を込めて質問をさせて頂きました。

その返答は…色々なメーカーさんのドリップチップがあって各製作者様の思惑もあり、それぞれ意味のあることで否定はされませんがKEMURIさん的なお考えでは「ストレートにして抵抗をなるべく無くすミストの流れを作りたい」
という一貫したお考えがあるようです。

これについては私が口を挟むところではなくある種モッダー様の思想によってカタチとして出来上がるものなので、裏を返せばそれだけ職人魂のある製作者様、ということになると思います。

そして世に出た作品を気にいるか気に入らないかは私達消費者次第です。

それらを楽しむというのも私達ですね。

選ぶか選ばないかは私達次第です。

考えようによってはある種自然発生的な産物を楽しむのが良いのかなって思いました。

あとはデザインですね、デザインが秀逸です。

しかし見た目だけを気にしたデザインというわけではないんですね、このDT。

どのくらいのくびれ方が一番咥えやすいのか、長さは?外径は?

この辺りは歯科医の専門の方にお話を伺って、人間工学に基づいた一番気持ちの良い形状を試行錯誤しながらかなりの時間を要して完成させたという経緯があるそうです。

しっかりとした根拠に基づいて機能性にも拘った、これもまたKEMURIさんの特徴の1つでしょう。


では次にステンレスの色付きをみてみましょう。

これはステンレスのブラックですね。

光の当たり方の加減によってガンメタにも見えます。

色々な表情を見せる色のつき方ですね。

非常に綺麗な発色をしています。

ステンレスの色付きというのはとても良いですね。

これは素晴らしい発色をしています。

先ほども言いましたが今、ブラックのアトマイザーなんかも見かけますよね。

これ、きっと似合いそうです。

かっこよくなると思います。

試しに2つマッチングさせてみましょう。

ブラックのデイトナネクターに合わせてみました。

非常に高級感があって且つ流麗に見えますね。

素晴らしいの一言です。

2㎜バージョンを実際に使用してみます。

先日レビューしましたガラムのリキッドを吸ってみました。

段違いに濃いですね。

非常に濃厚、そして再現性が一段アップします。

これは大袈裟に言っているわけではありません。

内径が細い分、ミストが口の中に入ってきた時にやや舌に当たるインパクトが強いですが出口の逆テーパーのおかげでしょうか、そこから一気にフワッと濃密なミストが口いっぱいに広がります。

とはいえ、ミスト自体は重すぎず、かといって軽すぎず…フワッとした感触、といった表現が合っているように思います。

例えていうなら味の濃い綿菓子のような感じ。

これは当たりですね。

是非皆さんに一度試して頂きたいです。

勿論ドリップチップだけでミストの感じ方が変わるわけではなく色々な要素が絡み合っているのですが、それでもドリップチップは一番口に近い位置のパーツとしてやはり重要な1つのファクターとして「美味しいミストを口に運ぶ」役割を担っていると考えます。

そう言った意味ではこのKEMURI_productのドリップチップ全モデルそうなんですが今回リリースされたステンレス2㎜バージョンは1つの完成形に近づいているように思いました。

さて、ではこのKEMURIさんのドリップチップ時々twitterアカウントで販売されていますが…


Mr.VAPEさんでも先行販売されるようです。

こちらはステンレスの黒の他に店舗限定のそれぞれのカラーがあるようです。

非常に興味深いですね。

お近くにいらっしゃる方は遊びに行くのも良いかもしれませんね。

See You!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村