VAPEを嗜み日々是好日

vapeに関する記事、レビューブログ

「ピコンカーのすゝめ」


「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずといえり」


生まれた時はみんな平等に生まれてくるんですね。


でもね?


言いたいのは何でもかんでもみんな平等なんだよ、ということではなく…


生まれた時は確かに平等でもその先からはそれぞれ違いが出てくるんですよ、と。


仰ってるんですね。


「色々」な差が。


そこで学問をしようよ、ということなんですね、きっと。


そうすれば幸せになれるよ、ということなんでしょう。


さて、、


「VAPEとは人の上に人を造らず人の下に人を造らず…」


みんな平等だよ、仲良くしようよ。


楽しくね。



でもね。


それぞれ違ったりしますよね。


いろんな意味で。


もちろんみなさんがお持ちになられているMODやアトマ、リキッドなどなど…「好み」なんかは違って当たり前で寧ろ違うから面白いとこってありますね。


そういうのを眺めているだけで楽しかったりしますよね。


いいね!それ!なんだかおれも欲しくなってきた!みたいな。


逆に同じものを持っていらっしゃる方を見つけてはそれはそれで…


おー!同志!


みたいな、楽しい共有感を味わえたりしますね、気分が。


良いですね!


それはそれとして素晴らしいことなんですけど…


ではその使用されるデバイスに対しての知識は…?はて?


我々の住む日本国内ではまだそれほど大きな事故も起きていないと思われますが。


あ、去年だか一昨年にVAPEでなんらかの理由でお怪我されている方の写真をチラッと拝見したことあったかもしれません。


他に公に出ていないのかもしれませんが…


今のところ幸いにも大ニュースになるような事故は無いようですね。


この調子で安全第一に運用していきたいものですね。


でもね?


ちょっとだけ知識を得ることも大切ですね。


ちょっとだけでいいんです。


知識といっても色々ありますが…。


みなさんがお気に入りで使われている特にMOD、アトマイザーなどですね。

あるいは肝のバッテリーですね。


自分がお気に入りで使っているMODってどんな種類なんだろうか…


このアトマははたしてメカニカルで使えるだろうか…


このバッテリーの性能は??


ちょっとの疑問が知識を得るためのスタートになったりしますね。


ちょっとだけでいいですから腰を下ろして落ち着いて調べてみるのはとても意義のあることかと思う次第です。


そしたらみんな幸せになれる気がしますね。


それはさておき唐突ですが私最近、
Eleaf Pico Squeeze 買いました。

通称「ピコンカー」と言われていますね。


今まで手に入れてなかったのが不思議なくらいです…自分で言うのもアレですけど。


かなりシンプルなパッケージでした。


個人的な実用を考えた時にスコンカーって必要じゃなかったんですよね、今まで。


しかし最近少しずつスコンカーの使用頻度が上がってきたかな、って感じになってきたので…。


「普段使い」に最適な物を…と考えた時にコレが真っ先に頭に浮かんだんですね。


思い立ったら可能であれば即実行をモットーにしております私ダヴです。


買いましたね、安かったですし。


Pico Squeezeはテクニカル仕様で2というものがリリースされているんですけど…↓(こういうやつ)
Eleaf iStick Pico Squeeze 2 100W TC Squonk MOD 、電子タバコ通販


かたや私が買った初代ピコンカーは今となっては定番中の定番でちょっと古いのかなっていうイメージは否めませんがやはりデザイン、セミカニカルという部分で初代ピコンカーを買いました。


初代Picoのデザイン好きなんですよね。


テクニカルの初代Picoに比べてちょっとだけ背が高いですね、ほんのちょっとだけ。


デザイン、大きさ、使用感…かなり気に入っています。


これはセミカニカルのBFのMOD(スコンカー)になります。


テクニカル(レギュレーテッド)のスコンカーが主流になりつつある最近では流石に今更感は否めませんが…。


確かにマスプロ品とはいえ魅力的なテクニカルのスコンカーがいくつかありますよね。


かくいう私も欲しいんですよ…。


そのうち使ってみたいと思っていますが…。


ではなぜ今更感満載のピコンカーなのか…。


先ほども言いましたが…デザインですね。


このPico系のデザインほんと好きなんですよ。実は今だから言いますけど。


もう、私の中では傑作の一つなんじゃないかなって思っています。


ですのでこんなメカスコ(revolver)も最近買ったんです。

似てるんですよね、フォルムが。

まあ、それもさておき…


各パーツをほんの少々簡単に見ていきたいと思います。


ボトルはマグネットの蓋を開けてこちらから…


LEDのランプが点灯、点滅でそれぞれの動作状況をチェック。
マイクロUSB端子での充電も可能ですね。
セミカニカルなので当然液晶はありません。


これはシンプルに使い易くて非常に良いですね。


この個体に関しての詳しい記事は既に色々あると思うので…。


誠に僭越ながら簡単ではありますが一応スペックだけ書いて本日私ダヴのご挨拶とさせていただけたらと思います。

スペック

•出力ワット数:最大50W

•アルミニウム製作

•抵抗範囲:0.15ohm〜3.5ohm

•再現されたsquonkシステム:あなたがボトルを絞ると、Pico SqueezeはイメージングされたSquonkシステムを介してe-液体をボトムフィード噴霧器に直接送ります

•リフィル可能なスクォンクボトル6.5ml容量:リフィル可能なSquonkボトルに6.5mlのe-液体を入れ、リフィルの間隔を延長することができます

•直接出力電圧:出力電圧はバッテリレベルに応じて自動的に変化します。バッテリレベルが高いほど、出力電圧が高くなります

•逆極性保護

•510スレッド接続

•18650バッテリー

•マイクロUSB充電ポート

See You!!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村